久々ゆうみんライフ夏休み前半戦エッセイ風

2017.08.12 Saturday

夏休み、そろそろ折り返しに入りました。

ゆうみんライフ、久々の投稿♡

7月から、あっという間に8月突入で只今大分滞在中。

 

夏休みは葉山みらいくキッズin山中湖コース。(7月22日〜24日)

子どもたちの思い出の一枚♪

今年2回目の開催。昨年に続き、めちゃくちゃテンションUPの子どもたち。

自然をフィールドに子どもたちの好奇心と感性全快!

主体として在ることの可能性、

遊びに夢中になり、ぐんぐんと意欲を燃やし、

チャレンジしていく子どもたちの姿は感動的でした。

いちにち、全力で過ごして、ぐっすりと眠る子どもたち。

そして、またむくっと起きて、即遊びが展開できるキャンプ。

FOSとみらいくのコラボならではの「新しいじぶん発見!キャンプ」を創ることができました。

 

FOSファミリー親子登山キャンプ。(7月29日〜30日)

今回は雨の2日間。タープの下、焚火を囲んでジャンべをしたり、

子どもたちは子どもテントで愉しいトランプ大会。

大人も大人のじかんを満喫のかつてないようなリラックスキャンプ。

けれど、フィールドにでかけると、丁度雲の谷間なのか、霧や小雨でいてくれて、

ちいさな人にも負担のない自然体験をすることができました。

初めてのキャンプのご家族や自然での寛ぎを心待ちにしていた家族に、

富士北麓の自然がそっと見守ってくれた2日間。

それを感じ合える人と人とがつながって、静かな時のなかに包まれて暮らしあう。

優しい余韻と記憶に残るコースになりました。

ありがとう 自然♪ ありがとう みなさん♡

 

FOSジュニア富士山登頂コース(7月31日〜8月2日)

山中湖からの富士山。「明日は富士山にいくよー!」

なんだか遥か彼方に浮かぶ山。ほんとうに登れるだろうか?

信じられないような不思議な感じでしたが、、。

 

高山病で気持ち悪かったり、頭痛がしたりと、

みんなキツイ富士山ですが、今年は全員登頂!

マサの天候判断による山行予定、さすがだなーと脱帽。

雨に濡れることなく山小屋に到着し。激雨を小屋でやり過ごし、

雨て体力を消耗することなく、朝1時半からのアタック。

なにより小学生から中学生、高校生と自然とサポートし合える関係性を築いて、

登山を進められたことが全員登頂に結びついていったなーと!

 

ご来光、

富士山の頂上はどこを切り取って写真を撮っても、かっこいいんだよね!

 

雲海の下山。高度を下げると雨。

雨雲のなか、大砂走りを駆け下りました。

富士山の大きな大きな山を知る。

素直な心で山に登ると景色も共に登る人の存在も自然と知ることができる。

「富士山がこんなにスケール感あるって思わなかった。

こんなに素晴らしい世界なんて、TVとかのイメージでしか見えてなかったんだなって思った」

参加した中学生の言葉です。自然体験は小さな子どもはもちろんですが、

実はビジアルな(視覚的な)意図して造られた世界の住人になりがちな中高生や大人たちに、

いま最も必要なのは、こうした身体性を伴い、自分の感性を解放できる自然体験なんじゃないかと思います。

富士登山はけして甘くはありません。キツイ歩きのなかで、自分に向き合う。

歩きながら、浮かんでくる事柄に自問しながら、歩いては休み歩いては休みを繰り返して頂上を目指します。

富士登山は天候とその日の体調で自分の到達地点がどこになるのかは、やはり運みたいなところがあります。

ですから、FOSでは全員登頂を目指して最初からみんなで登るのではなく、

どこまで登れるかはひとりひとりにとって未知なこと。それぞれに自分の到着地点を目指す。

というコース運びで進めていきました。ですから、登頂した時の喜びはとても個人的なことでもあり、だけれど、

そこに共に登る人がいた事は確かな支えとして、自然と仲間や友達意識が芽生えていきました。

雲のから雨、晴れから雲海、輝く太陽の光、そして先の見えない深い霧とすべての天候を身体ごと包まれて過ごした2日間。

充実感いっぱいのジュニア富士山登頂コースになりました♪

 

じやーん!とだか家絶賛のすがやのおにぎり!!!

福島南会津南郷すがや。女将の笑顔もキラキラですが、このおにぎりは絶品!

Summerいな、準備前泊でおせわになりましたー。

 

和子さんのおこわ。

まいたけご飯!いなの味♡

 

 

大葉味噌のおにぎり、故郷の味!

私と同世代の友人たちの差し入れご飯。日常に郷土料理を作っている辺り、

「知らずのうちにばあちゃんの味になるよなぁ♪」と話していました。

お嫁さんとしてお家に入って生活していくことって、

色々とお互いにあるんじゃないかお察するのですが、だからこそ、こうして受け継がれていくものが、

暮しの中にしっかりと根づいている確かさ。いなの人たちから感じる(人間だもの)という強さ。

東京から嫁いで伊南の人として在る先輩の作った小さなおにぎり。

なんだか、(あー大好きな憧れの先輩、すっかり伊南の人になっているんだなー)と、

その素朴なおにぎりのおいしさにカンドー。人が自然や暮らしに融合していくとやさしくなっていくだなーって、

そのやさしさが元々あって、魅かれていた先輩のやさしさ度がもう波紋みたいに広がっていくようで。

おにぎりひとつ。久しぶりに先輩と一緒にキャンプをして、ますますうら先輩が好きになってしまいました。

 

FOSでは、北海道旭川滝西のたいこや大々の太鼓が大活躍!なのですが、

今回はジャンべ奏者のマコが参戦!すごい数の太鼓を積んできてくれました。

思うまま、感じるままに音を奏でてみる楽しさ。みんな、はまりましたね。

伊南の風土と人に身体も心も解放されている感が自然とあって、

太鼓もたたくときに、どう叩いたらいいかー?とか、もう関係なく、

自然とリズムに響きあいながら、自分も太鼓をたたいてる。

手が痛くなったら、やめればいいし、好きな人は永遠にリズムに乗って、リズムに運ばれていくという辺り。

音を楽しむ、原始的な楽器だからこそ、味わえるダイナミックな音楽性に浸りきる時間を体験することができました。

マコ、ありがとーーーう♡

 

郷土料理のおかあさんたち。

毎年、心づくしのお料理をふるまってくださます。

1年に1回の再会ですが、こうして七夕みたいに元気なおかあさんたちに触れあうこと。

素朴だけれど、おいしくて、活力が湧いてくるご飯を頂き、自然と感謝したくなる。

先祖から受け継がれた味に触れるって、自分のなかで眠っている心からの感謝の蓋がポーンと開くようでもあって不思議。

 

朝6時半から畑訪問もお世話になりました!

伊南地区は畑も家の玄関にも、お花がいっぱい植えられています。

花たちの祝福に満ちていて、こうして畑だけでなく、花も植えるっていいなー。

畑への小道も花を愛でながら歩き、日々の働きの糧を「もってけー」と分けてくださるお年寄りたち。

冬は屋根まで雪が積もる豪雪を支え合いながら生きていく、真の相互扶助が営みとして在る。

都心では各友達家族の支え合い、保険やシステムとして取り組まれてもいますが、

暮しの営みのなかに(安心感と幸福感)が伴うというのは、なかなか難しい。

そうした意味でも、伊南地区の様々な取り組みは、実感として学び得るケースを実践していて、

ほんとうに素晴らしいなーと感動します。役場の担当職員のひとりひとりの関わりと取り組みの糧なんだと思います。

惜しむことなく、私たちも招き入れてくださる伊南地区のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

 

Summerいな、送迎の保護者も一緒に記念写真♡

震災から7年7回目の開催。

今年は支援プロジェクトから、伊南を舞台に自然体験と郷土体験ツアーへと

FOSオープンコースとして参加を募りました。

ご参加いただいたご家族のみなさまにも、大人のスタッフ的な活躍をして頂き、

じゃじゃんご飯も作ってもらって、大家族感満々の3日間になりました!

いな夢クラブ、伊南地区のみなさま、FOS参加のみなさま、ありがとうございました♡

さて、前半戦これにて終了!ほっー♪


ヒラタ君ありがとう!

2017.07.26 Wednesday

 

2014年南会津のクワガタ名人から頂いたヒラタクワガタヒラタ君。

3年目の夏に里帰りをしたかったけど、天国の森に飛び立ちました。

フェリーも乗って大分にいったり、冬はスキー宿に連れて行ったり、
Hちゃんとセットでいつも一緒に行動していたひヒラタ君。
クワガタの寿命は3年らしいので、いのちを全うした!かなー。
Hちゃんが遠泳合宿に出かける朝に死んじゃったから、ヒラタ君も分かっているのかなー?
ヒラタ君、寂しいけど、ちいさな昆虫のいる生活に家族みんな楽しませてもらいました。
ヒラタ君も色々チャレンジさせられてましたけど、
楽しかったといいです。ありがとう。
さて、夏休みがはじまりました!
昆虫少年少女には楽しみな季節到来。
8月は自然豊かな福島南会津のクワガタ名人にも会えるのが楽しみ!
山も海も安全一番にFOSのコースも進めていきますよ。
新しい季節のはじまりに、ちいさな報告でした。

葉山歩き

2017.07.11 Tuesday

葉山のお気に入りのコース。

大好きな先輩と同期の友と散策。

 

 

山歩きは早い時間にスタートすべし!

学生時代に学んだことを忘れず、8時スタート♪

 

 

いきなり急斜を登り、息を整えて、、。

美しい小道に。

 

 

一緒に歩いたり、

ひとり歩きを楽しんだり、、、。

 

 

アリさん

 

 

ホタルブクロ

 

 

夏の花たち

 

 

朝露 

 

 

街と海

 

 

遠くにヨット

 

 

海まで歩いてきましたよ。

 

 

海にドボーン!

あー気持ちいい♡私たちはもっと暮らしていることを楽しんでいい。

「仕事はみんな大変よー!だからこそ、そこにしっかりと向き合えるように、

ONとOFFをしっかりとって、いい仕事ができるように、余暇は心からリフレッシュ」

センパイが言ってました。ホントにー。見習わなくっちゃー。

なんか、最近、愚痴っぽかった自分を反省、、、。

 

 

さて、〆は昼食会。

義弟の寿司屋の福ふく。

 

 

上質な時間。

 

 

丁寧な手仕事 ひとつひとつ頂いて

大満足のわたしたち。

 

 

さぁ、また明日からそれぞれ頑張りましょう!

爽やかに解散。次回は秋を予定しております。

暑い季節を乗り越えて、涼しい秋風が吹いてきたら、

ご案内をお知らせいたします。お楽しみにね♡


江の島磯遊び

2017.07.09 Sunday

来週の江の島シーカヤック&ミニレースの下見で、

江の島ヨットハーバーの堤防から海側の磯へいってみました。

 

 

磯遊びや釣り人でにぎわっています。

 

 

かにがいっぱい!

 

 

地平線が足元から続いているようで、

この開放的な広がりは、江の島の磯ならでは!

シュノーケルも楽しむことができますよ。

磯遊び用のウォータージューズ、網とバケツ、軍手が必要かな。

岩場では、足が岩にちょっと擦っただけで、切れてしまいますので、

水着だけではなく、ラッシュガード着用をおススメします!


富士山へ

2017.07.04 Tuesday

富士山の須山口古道登山の下見にいってきました。

 

 

もこもこっとキノコちゃん

家族ですかねー♪

 

 

ブナやモミの木の大木に出会うことのできる、

豊かな森のコース

 

 

森林限界を超えて、牧場の小道みたい。

とってもステキな登山道

 

 

この道をガイドする由美子さん。

無酸素8000m登っている女性登山家。

まるで小鹿のように軽やかな足取りで歩く人です。

 

 

ここから、宝永火口まで25分!

日帰り下見の為、今日は樹林帯までとしました。

台風の影響で、尾根はものすごい風だろうしなー。

 

 

帰りは幕山方面に下山。

夏富士の光景が広がっています。

富士山、何度きても、いい山だなとー思います。

八月最後の週末の富士山。

ゆみちゃんと初めてのコース。ワクワク楽しみです!

 


6月 レーズンの雑穀料理教室in葉山

2017.06.21 Wednesday

沖縄在住の友人レーズンの雑穀料理教室。

今回の雑穀は大麦。

 

 

かわいいく並べられた命のタネ。

さあ、どんな料理になるのかなー?

 


 

人参・ごぼう・キノコ類・生姜のみじん切りを炒めて、

炊いた大麦を加えて塩・胡椒。これ基本!

味噌味にすれば和風、香辛料を加えればタコス風、調味料をアレンジしていきます。

 

 

大麦味噌、大麦ドライカレー、大麦タコス風。

基本ネタから3つの味を作りました!

 

 

デザートは緑豆と大麦のぜんざい。

冷たくて甘くって優しいテイスト♡

料理も出会いもうれしい教室になりました。

大麦とお水を注ぎ、火にかけてぐつぐつぐつ。

手間暇かけて出来上がる料理の美味しさは笑顔も作ります。

とってもいい時間になりました。

次回は9月に開催予定。梅雨明けて夏、秋風が運ばれる頃かしら、、。

では、それぞれに自分の場でおいしいご飯を作ろう!

みなさま、ありがとうございました。


南会津伊南へ

2017.06.18 Sunday

今夏も開催summerいな!

福島南会津伊南地区の豊かな自然を舞台に「これぞ!川ガキの夏休み!」

地域のみなさまのご協力を頂き、古き良き日本の暮らしの文化が残る山郷キャンプ。

うちあわせに行ってきました。

 

 

伊南のみなさん、仕事が終わってから7時からうちあわせ。

6時に伊南に到着したので、赤岩温泉へ。

硫黄の源泉が湧いてくる癒しというか、もう温泉のパワーがすごいです。

身体の芯からHot感度が高いっ!!!湯の温度も高いっ!!

 

 

伊南は剣道と習字の里。みんな字がうまいんだよなー。

「いくべぇー、Summerいな!」

 

 

大イチョウも有名。

 

 

伊南に嫁いだ友人が開催しています。

100キロウルトラ遠足。私も100キロ歩いたことありますが、

ものすごーいチャレンジングでした。

 

 

伊南のめっちゃうまい中華食堂一道でうちあわせ。

伊南夢クラブのみなさん。役場や福祉の現場で働く方々が中心に地域の活性化を目的に、

様々な活動を展開しています。共に暮らす地域が安心と幸せであるように!

私はもう20年来のお付き合い。新しい親戚みたいな感覚です。

 

 

朝6時、鎌倉へ帰路へ。

その前に「アスパラも野菜もあっからとりきてー」と青柳の和子さんちに寄りました。

新鮮なお野菜をいっぱいお土産に頂きました。

うれしいね。いつもありがとう♡

 

 

どこでもドアがあったらいいな!

だけれど、こうしてトンネルを越えて、高速を走り5時間弱で鎌倉へ戻りました。

 

 

緑の山々が青い空に映えています。

今年のSummerいなは、助成金の援助を頂くことができなかった為、

FOSは一般の参加を募りました。福南会津、素晴らしいところです。

自然と人の好さ、あたたかい人肌をこころでぎゅっと感じるキャンプ。

ぜひ、一緒に福島南会津で楽しい夏休みを一緒に創りましょう!

エントリーお待ちしていまーす。♡


山歩き

2017.06.13 Tuesday

私の家族、久しぶりに山中湖に集合。

小さな頃から山中湖に遊びに来ていた姪っ子たちも、

すでに社会人や大学生。みんな大きくなりました。

「さて、なにする?」「山にいこう!」いつものように山歩きへ。

 

 

ヤマツツジ 美しく咲いています。

 

 

6月 鮮やかなきみどり 心がぱっーとときめきます。

 

 

高校生の甥っ子 ぐんぐん山を駆けあがる。

 

 

仲良しの姪っ子と ジャーンプ!!!

 

 

富士山から爽やかな風が吹いてくる。

両手を広げて わたしは鳥になる。

 

 

「なんて気持ちいいんだろう」

言葉を超えて にっこり家族。

「また 山にいこう!」「うん、またいこうね!」

うちの家族、いつの間にか、みんな山が好きになっているって不思議。

父だけは、「明後日はゴルフだから、、」って山に行かずに、体力温存らしい。

もう80歳! 元気ハツラツで有難いです。

家族で集うことも大切にしていこうと思う週末になりました。

おやまとおひさま ありがとうございました。 

 


しかも

2017.06.09 Friday

Hさんの山のともだち しかも(カモシカのぬいぐるみなんですけどー)

富士山双子山にて撮影

 

 

小さなお花たちの園

 

 

前日はクライミングしてましたけれど、

今日は富士山双子山です。

 

 

ケルンが似合いますね。

しかもの撮影に景色や背景を考えたり、これも山での遊びのひとつになっています。

今週末は私の家族が東京からくるのですが、「どこへいく?」「やまに行こう!」。

今週末はお休みなのですが、やっぱり週末は山に上がる予定です。

しかもも、もちろん一緒でしょっ。

みなさん、楽しい週末になりますように♡

それにしても1週間が早いわー。


週末はFOS

2017.06.08 Thursday

土曜日は湯河原クライミング♪

 

西に向かってドライブ。

 

 

緑と蒼の海と空 鮮やかに感じられます。

 

 

朝7時、朝露の降りた虫たちの草むらはキラキラ輝いています。

塗り壁みたいなクライミングマットを背負って岩場へ。

 

 

テントウ虫みつけたー!

 

 

見上げると 水色の美しい空

 

 

基礎講習を始めます。

FOSは和やかであたたかいまなざしを向けてくれる方が集まります。

 


交代で登っていきます。

初めて出会う人同士、お話ししたり、登る人を応援したり。

それぞれに自分の時間で過ごしていくこともできるFOSクライミング。

 

 

岩場には別パーティーでクライマーがたくさん来ています。

和気あいあい、楽しそうなワレラ。

「マサ―、カナブンみつけたよー」って虫を捕まえてみせにくる子がいたり、

岩場の独特な緊張感が朗らかな微笑みに変わる瞬間。

難しいルートを登れるようになる講習会ではなくて、大人も子どもも自然と岩登りを楽しもうがモットー。

次回は秋になりまーす。紅葉の湯河原での出会いを楽しみにしています。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM