春休みFOSジュニア北八ヶ岳コースゆうみんレポート

2015.03.31 Tuesday



春休みがはじまり、
みなさん山中湖ベースに集合!



自主保育時代4歳からずっーと山へ登ってきてるトシも高校生。
 今回スタッフ参加で、マサと共同装備を確認中。



雪山の装備では、
まず防水性の高い登山靴とスノーシューズ!



昨晩は11時まで装備パッキング。
朝は5時半起床で8時八ヶ岳へ出発しまーす!



登山口に到着!



スノーシューで歩く練習をしてみまーす!



はーい!3日間の遠征スタート!



歩いて歩いて森を抜けました!



ベース予定地に入り、水のとれそうな場所を探します。



ベース地を決めたら、陽が沈む前に作業開始!
みんなが集うキッチンテントを張りまーす。



強風が吹いて飛ばされることのないように、しっかりと張っていきます!



女子トイレ制作中。
災害時にも役立つ携帯用洋式便座、
使用後は凝固剤で固まるようになっています。
自分が使ったら、次の人のためにセット。
最終日にスタッフがまとめて持ち帰ります。
「思っていたより、ずっと快適!」子どもの感想です。
ネガティブに捉えがちな行為に対して、快適なシステムを作る工夫をしていく。
子どもの未来の役に立つ経験のひとつ。



スノーソーでブロック切り出し中。



キッチンのテーブルとイスの作製に入りました!



暗くなる前にベースキャンプ完成!



水場



暗がりのなか、水汲みに行ってくれました。



雪溶けのちいさな沢
氷を割って、浄水器をセット、ポンプで水を吸い上げて浄水していきます。



13人の食事分のうどんやお茶で使う水ってどれぐらいだと思う?
約6Lは必要になります。水汲みはみんなの生活を支えてくれる大切な仕事なんだよね。



あったかいうどん!うまーいっ。



イワタニプリムスの取り扱うNeMoテント、
自然のなかで快適な空間を演出してくれる頼もしいタープ!



おはよーう。
さむーい朝です。頭をぜんぶ寝袋に入れとります。



昨晩遅くまで作業していた男子テント。
雪壁と荷物置き場できあがってます。



なんだと思う?
冷蔵庫だよ!動物避けにブロックで扉を閉めてます。



フリーズホウレンソウ。
包丁いりましぇん♪



なると、かわいい♡



寒冷地には頼もしいEtaコンロ。



マサが携帯ギター弾いてます♪



朝、水汲み行く人募集!



氷を割って水の部分まで浮きを沈めます。



水筒に溜めて、大なべに移すを繰り返し、
キッチンテントまで水を運んでくれる人とペアで作業を進めると効率的。



おはようございまーす!
スタッフリサ、ひとりでベース地にあがってきましたー!



おみやげフランスパン!
かたちが変わっていない辺りがうれしい♡
(子どもに持たせたら、ザックの中でぺちゃんこだろう、、)



はい、それぞれにやりたいことをやってます。
力いっぱい働くチームはイグルー造り。



こちらはかわいいおうちを造ったHちゃん&RRちゃん



で、なにやら雪玉作ってますけど、、、。



はーい!突然ですけど、雪合戦ガチではじまりましたー!!



おっ、後ろから本気でいきましたー。
逃げて追って真剣勝負ってホントに楽しい。
くやしーい!からこそ、うれしーい!のワクワクがたまらないらしい。



今年はモンベルのパウダーグローブを新調しました。
防水性の高いグローブは必需品です!



スノートレッキングへ



雪の世界はどこでも登っていかれるところが魅力



山から戻ると、またベース暮らしが新鮮に感じます。
いいところだわー。



「寒くて、もうダメ!」「足先の感覚がない」と言いながら、やめられないトランプ大富豪。



静かな夜 



早起きさん、
朝の水汲みありがとう!



コツコツ汲み上げます。



おひさまがあがるとテント内はあたたかい!



朝ごはんですよ! By山丈



すいとんであたたまるわー♪



みんな自然体でいい感じ♡



マサとかわいい娘たち



ホントにたくましく育ってる。
うれしいママは一枚、記念撮影♡



わたくし、今回、ダウンパンツを新調。
NANGA日本製で超軽量コンパクト!保温性バツグン!



さて、撤収。



作業している人となにやらヒソヒソ楽しそうな人たち
それぞれに必要な時に手を貸しあいながら、けして強制ではなく主体として働いていく。



今回、活躍した道具紹介。
スノーシュー簡単に装着できて、体型に合うサイズで、
少々凍った斜面にも対応できる爪があるものがおススメ。



スノーソーとスノースコップくん。
雪上ではすべての装備を立てておくべし。
雪に埋もれちゃうと見つけるのが大変よ!



エアーマットは下からの冷えを遮断してくれるので雪上では必需品。



サングラスorゴーグル、マサのご愛用Zero rh+。
紫外線の強弱により自然対応変色してくれる優れもの。
手袋やサングラスはコンビニでも揃うけれど、本格的な活動現場では、
やはり体をいたわり、活動を支えてくれる信頼性の高い道具が必要です。
だからこそ、道具を丁寧に大切に扱うことも教えていきます。
「物の定位置に戻す」「サングラス、メガネ、歯ブラシ、使用後はケースにしまうべし」byユウミ



ザックのパッキングも重要。
自分が背負って歩くストレスを減らすためにも、
左右のバランスよく荷を詰めていきます。



さて、準備はいいかな?



3日間のおやまに感謝を伝え下山開始。



歩きながら、荷物の重さを調整し、
がんばれる人は頑張って、歩くことに負担がかかりすぎる人の荷物は、
まだ担げそうな人に分担する。そうやって、みんなでバランスをとっていくことも大切。



荷物が重くて起き上がれないんだよ。
そんな時は援助する人と息を合わせて立ち上がる。



コールマンの50Lのザック、
一番下に寝袋をしまい、サイドに水筒をいれられるし、
とっても機能的でかつ軽量、おススメです♪



もうヘトヘト気味だけど、がんばっていこう!
自分もキツイ時は、ちいさな人のがんばりを尊敬し、みんな心から応援しているよ。



そろそろゴールが近づいてきたよ。
下山したらコースが終わっちゃうのが寂しいくらい、
自然と仲間の素晴らしさが芯から響くコースになりました。



ラストの一枚は青空と雪原。
最高のお天気に恵まれた3日間。
大自然と一緒に過ごした仲間に こころから感謝。
ありがとうございました♡

http://montepazproducts.com/?p=1037

コメント
初めてのジュニア北八ヶ岳コーススノートレック送り出して、どうしているかなって思っていた頃、こうしていたんだ!って、すごくよく分かるレポートをありがとう。帰宅後、次々にいろんな体験を話してくれたY&K。語る以上に骨肉に何かが変わった気がする。自然の美しさ、寒さと友達の温かさ、人への信頼、衣食住への洞察...短い時間の中だったけど、きっと強烈な何かを記憶していくと思います。こんな時空を創造し共有させてくれてありがとう。本当にありがとうございました。
  • YKママ
  • 2015/03/31 11:49 PM
敦太も4月から3年生になります。
一人で参加できるようになりました☺️

学校公開の作文で、
戸高さんのキャンプのことを書いていました。
また行きたいと発表しています。

夏のキャンプには参加したいです。
よろしくお願いします。
  • 山本紘衣
  • 2015/04/01 8:53 AM
子どもたちが過ごした雪の世界の美しさをからだとこころ、いっぱいに響かせておうちに戻ったことでしょう。おうちで眠ることの安らぎやあたたかいごはんのおいしさもひとしおかな?!また一緒に自然の世界で存分に遊ぶ機会を楽しみにしています。
ありがとうございました。
  • ゆうみ
  • 2015/04/04 8:32 AM
あっくんのキラキラ瞳が浮かびます。夏のジュニアは富士山登頂キャンプになります。日本一高いおやまへの冒険はじぶんとの新しい出逢いと一緒に歩く仲間とのかけがえのないじかんになります。
たのしみですね!子どもがぐーんとのびる夏休み!
自然の場で、お待ちしています。
  • ゆうみ
  • 2015/04/04 8:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM