おみやげ♪

2015.04.24 Friday



いつもとっても粋なおみやげをくださるさんちゃん!
マシュマロに「おめでとう♡」



そういえば、私とマサの結婚記念日4/22でなんと20年!
ヒマラヤ遠征の時代から出産から子育ても、出逢う出来事に真正面に向き合って、
そこに学び、浦島太郎ではないが、20年の旅はあっという間だった。



おみやげのもう一つ。
マサが2014年8月に講演させて頂いた「第9回日本臨床検査学教育学会学術大会の特別講演時の論文」を
冊子にして、持ってきてくれました。

ここ数年、さんちゃんとの出逢いによって、
「山」という領域に留まることなく、
「いのち」につながる人たちと新しいステージに入っていることを感じている。

昨晩は夕食を共にしながら、
これまでとこれからを色々シェアし、過去も未来も、会話の中に行き来しながら、
なんとも心地よい時のなかにいた。
さんちゃん、いつもありがとう!

さて、講演記。
最後のページに、マサが自らの働きの軸にしているであろう部分を、
医療に携わる方へ向けて語ったメッセージを抜粋します。

※図(意識の領域としぜん−からだ−いのち)
「未来や過去を時間軸で表現し、その全体を意識の領域として囲みました。
過去から学び、私たちの先人はこの素晴らしい文明を築き、社会を発展させてきました。
そして、未来を想定し、デザインする力さえ持つようになっています。
まさに人間ならではの部分といえるでしょうか。
しかし、「いま」という瞬間は、この意識の枠に収まらないものだと感じます。
そして、その微細な一点にしか過ぎない「いま」から左にあるように、
「しぜん」「からだ」を含む無限の領域がひらかれてゆきます。
実はその枠はあってないようなものですが、そこに「いのち」と書かせていただきました。
「いのち」は刻々と「いま、この瞬間にある」
それはブロードピーク峰の縦走の時に体感し、私のからだとこころに深く刻まれた感覚です。
この実感に立ちつつ、必要な場面で意識の世界に適時つながることの大切さ。
その意識の世界を「社会」と置き換えてもよいかもしれません。
医療に関わられるみなさんは、意識の世界で発見され、
積み上げられてきた臨床検査に関する人類の素晴らしい知恵と知識を学び、
さらに実践、研究をされておられることと存じます。
しかし、実際の「いのち」の場面では、そこにひとがいて、
その関わりのなかで、一瞬、一瞬、場は編まれてゆきます。
必要なところで意識の世界とつながりつつも、軸足は「いのちの実相」に置く。
そこに生まれる一瞬の「共振」
それこそが、ひとりひとりのなかに、
そして他者とのつながりのなかに新たな世界を開く鍵になると感じます。
演題「一瞬の無限・そこから生まれる共振の世界」より」
 

コメント
ゆうみちゃん、結婚20周年おめでとう。
本当にいつ再会しても素晴らしいカップルだな〜とつくづく実感しています。
まささんの講演の文章見せてもらいながら、
実は私も最近、「共振」という言葉が心に響いていました。

まささんの経験したものとは違うけれど
人に共振できることの大切さを実感しながら
今を大切に生きたいと・・・

いつも素敵な言葉や風景のシェアありがとう。

これからもつながっていこうね。

                 ふみより(^_-)
  • ふみ。
  • 2015/04/24 10:10 AM
早い!ゆうみんブログの反応!(笑)
20周年おめでとうございます!いつも楽しい時間をありがとうございます。昨日もお二方のおじゃましてスイマセンでした〜。でも楽しさとともに、いつもゆうみさんからも「気づき」と「勉強」をさせていただいています。
そして、まささんの論文は、歴史に残る素晴らしいものです!!
  • さんちゃん
  • 2015/04/24 1:14 PM
ふみちゃん、メッセージをありがとう。

人生はマジカルで、ふみちゃんが伊南に嫁いで、伊南の自然や人の中で100キロ遠足開催されたり、すごいなーって思っています。

大好きな場所に、
大好きな人が暮らしているって思うだけで、
しあわせな気持ちになれる。

伊南はわたしにとってそういう場所で、
想いって風や光に運ばれていくなーって。

夏は一緒にキャンプができそうで楽しみです。
ありがとう♡
  • ゆうみ
  • 2015/04/26 9:13 AM
さんちゃん、メッセージをありがとうございます。

朝、ヒカリに「ママ!マシュマロ食べる前に写真撮って、ニコニコちゃん、ひとつ食べて学校に行きたい!」さんちゃんの伝言をしっかりと受けていました。夜、食べないで、朝を待っていたようです。
そんな出来事ひとつでしあわせな気分になっちゃう。

さんちゃんの運んでくれる空気感、
いつも(ありがとう)って余韻が響いています。

結婚20年というのも、さほどなにか特別な日でもないように思っていたのですが、ニコちゃんとありがとうに微笑まれ、自分の20年を見つめる機会となりました。忙しい時のなかで、ふっと立ち止まる瞬間を持つことで、霧のなかにある新しい道も見えてきて、どこを選ぶかは自分次第だけど、決めて立つ瞬間は自分の直感で信じることのできる道に決める。
ぼんやりと流れていきそうな日に、さんちゃんがきてくれて、話していくうちに、これまでとこれからが行き来して、霧が晴れていくようにクリアに、いまの自分が見えてきたようで、ちょっとスッキリしちゃいました。ありがとうございました。
  • さんちゃん、ありがとう!
  • 2015/04/26 9:28 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM