幸せ2.0より

2018.03.19 Monday

 

マインドフルネスについて
宗教を源として発生している瞑想を、
呼吸や考え方を技術として捉え直している。
 
意図的に、現在の瞬間に判断を伴わない注意を向けること。
それにより、いま、ここにあることを「あるがままに受け取る力」が養われる。
いま、ここにすでに存在することを否定せず、受け取った後に、次の行動を選択する。
人は過去の失敗、嫌な体験、苦しみなど、過去に焦を合わせてしまい苦しむ。
ネガティブなことにアクセスしてしまう。
脳からの負の思考連鎖を切る。  頭で考えてしまう不幸のアクセスに気づいたら、
その負の執着から離れる。自分の考えを切り離していく練習をする。
 
頭の回路がネガティブなことにエネルギーを使ってしまうと、 持っている自己能力を発揮することができない。

 (あーいま、こんな風に感じたな。感情的になる自分、反射的に反応してしまう自分に気づいたら、否定せず、自分に気づいたら、そこで、その感情を手離す!  思い込みと事実は一致していないことが多い。
 
このまま、不幸の考え方の連鎖を続けるのか、
幸せになりたいのか、結局は自分で決める。
 
自分自身が決めている良い・悪い・不快・快・好き・嫌い、
自分自身の方に人を当てはめて、評価や比べてしまうシステムから離れる。
自分の感情と考えの悪循環から解放される。
相手におもいやりと好奇心を持ってみていく。
 
 □早稲田大学 越川房子先生の講演より
 
 
 世界の幸せについて40か国廻ってインタビューしてきました人の話。
●ノルウェー→ ストレスが低い。サービスや人に期待しない文化。
●デンマーク→プライベート重視/自分を特別扱いしない・執着せずに健康であることに気を配る・期待しないなど学校で、期待しない文化の啓蒙やってます。
 ●アイスランド→社会保障が整っている・将来の見通しが明るい
 ●オランダ→家族の時間がなにより大切!ワークシェアの取り組み・宿題がない・睡眠時間が多い
 
 なんとかなる! できないはずがない!失敗しても平気でしょっ!折れない・しなやかさ。
 
 幸せと不幸は表裏一体。
 良い方をとる。
 
 ●幸せ脳トレーニング
1番は、身近な人間関係のなかで、あたたかいメッセージを書くこと。
1日するといいらしい。

 薦められたサイト
 https://www.youtube.com/watch?v=C3UeFr82Puk
 https://www.youtube.com/watch?v=6hJt1NCRDEc
ワークショップ・育児の魔法にでました。
自己紹介して、自分の好きを相手に伝える。
恥ずかしい気持ちになっちゃう自分って、、。
自分が自分を大切な存在だと思える時間を頂きました。
春に育児の魔法、開こうとおもったよ。
そして、じんくんのカラダ大学! 初参加♡
身体の感覚を開くこと。
静かに身体に座る心地。
呼吸するカラダ。うーん深い!!!
なにより、外した時計の時間に身体と意識が包まれるような。
瞑想的なリラックスというより、身体を目覚めさせるようであって、
脳神経トレーニングらしい! じんくんの世界、また扉を開けたいなと思います。
マサの対談の前に昭和育英会理事・昭和医療技術専門学校の山藤先生のお話し。
人間教育について。あいさつをなぜするのか? あいさつは他者がいないと交わさないわけで、
あいさつをするってことは、互いの存在の確認。受容。学生は理屈ではなく納得して動く。
格言みたいに、自分を育てる為の栄養と具体的に行動することのできる分かりやすいキーワードが語られていきます。
もっと聞きたいなーと思いました。
マサの語りはいつもですけれど、その自然観がマサの言葉と雰囲気で場に広がっていく感。
今回は聞き手が森の山田さんだったこともありますが、森の深い緑に包まれていくみたいだったな。
いちにち、ありがとうございました。
私なりのまとめ。お伝えします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM