トダカ商店へ、いらっしゃーい♡

2020.01.12 Sunday

  
新年はマサのお父さんの100日祭が1月3日にありました。
神道では、仏様は少しづつ神様になり、
この世からあの世に旅立ち、残された家族はなにより現世をしあわせに生きることに尽きる!
神官さんも「元気にやっちゃったかー!?」と親戚のような雰囲気。
(日々しあわせに生きよう)
ということで、新年のトダカ商店の内覧コーナー!
   
 
  
いつものコーナーからスタート!
アンパンマン増えてます!
 
 
お正月のくじは鈴!
1番ほしいところでしたが、57番! 残念!
 
 
大吉ガム! 
私は買ったことないけど、ガムに大吉とか書いてあるのかなー?
 
 
親泣かせで幼児の喜ぶコーナーでしっ。
私は長女が幼児の頃はトダカ商店の駄菓子コーナーに入り浸る我が子を見るのが辛かった。
駄菓子というなるべく避けたい添加物てんこ盛りの白砂糖のお菓子に人が変わったように欲する子の姿に、
日々のじぶんの食育への努力が全く無意味な風に想いツライ気持ちでブルーになっておりました。
  
じぶんの苦しみから、結局は解毒の仕方、食養、ホメオパシーなどの助けを借りればいいんだと、
否定せず、否定を肯定に変換する力を自ら養おう!と意識を切替えて、食と健康の学びの幅が広がり、
心の平和が生まれました。
 
  
店主のタカ兄、阪神ファン♡
  
  
  
   
売れてないけど和テイストな5センチ代の小さな焼き物の七福人。
昔のキャラクター商品か!
昔の子ども(江戸や室町時代など)って七福マスコットなどで遊んでいたのかねー?
お人形さんは昔からあるんだから、いまはピカチューだけど。
並べるとカワイイくって、飾る場所があったらほしいなーと思っている商品。
   
   
   
凧! 大サイズから6枚ほどあります。
タカ兄のコレクションですが、お正月になると出している。
小さな商店ですが、四季折々の日本の行事を大切にしていて、
味わいのある商店です。義兄さん、九大卒の神童。
教壇に立っていたこともある人で、話すと斬れのあるトークで頭脳は宇宙。
過疎地の小さな商店ですが、お店に感じられるあたたかな雰囲気は、
マサのおかあさんのこだわりのないやさしさと、タカ兄の遊び心がいいなーと♡
   
   
みかんや柿、サツマイモや宮崎のトマト、
そして熊本のメロン! ←高いけど誰が買うんだ! と思うけど、
タカ兄に震災支援だったりして、九州での農業や流通を支える店として、
安さよりも、暮らしを支えていくつながりを根底にゆるーく確かにブレずにやってる!
トダカ商店ってステキだなーって思ふ♡
   
   
と!いうことで、健康一番!!!
足つぼマットコーナーを渡っていくべしっ!
ですけれど、タカ兄は痛くて、とても歩けないらしい。
  
   
マサが生まれたときから変わらないという光景。
都会で育った私には小学生の時に遊んだ空き地や住んでいた家も、
区画整理で引っ越したし、街も駅も経済の流れのなかに常に変わっていった。
   
おおいたのマサんちの穏やかに流れる時間。
トダカ商店、毎日7時には空いてます。
タカ兄とおかあさんと2人で開いている小さな商店。
ぜひ遊びにいってみてくださいね。
そしてぜひ、一声かけてくださいね♡
おかあさんもタカ兄も喜ぶと思う♬
   

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM