山の恵みに感謝して

2020.05.30 Saturday

 

山中湖ベースの裏山。

春の野草たちが太陽の光に向かってぐーんと伸びる季節。
 
身近な野草として知られている「よもぎ」
草餅やよもぎ団子のよもぎですが、
よもぎ茶・よもぎ湯・もぐさとしてお灸にも使われるし、
漢方薬の材料でもありますね。
効果効能の高い日本のハーブの代表。
花言葉は「幸福・平和」
今日はよもぎ団子を作ります。
 
   
よもぎの葉の裏は白く、香りで判断するのもコツですが、
毒性の強いトリカブトと少し葉の色あいが似ているので注意してね。
   
   
よもぎの柔らな葉を積んできたら、
水でよく洗い、熱湯が湧いたら重曹を入れてさっと茹でます。
鮮やかに茹で上がったら、冷水にさらしてアクを抜きます。
  
 
米の粉を練り、
お餅状に捏ねて、蒸し器で蒸します。
 
餅が蒸しあがったら、
茹でたよもぎをみじん切りにした後、
すり鉢を使ってよもぎの葉をすりつぶし、
お餅とよもぎをよいっしょっ♡と両手で捏ねていきます。
 
 
草餅と白餅。
みたらしも作りました。
 

 
夕飯にはよもぎの天ぷら。
小麦粉に少々の片栗粉を入れ、カリッとスナック風に!
丁度、大分佐伯からいりこが届いたので、よもぎに1匹づつ添えてみました。
森の海に泳ぐいりこの天ぷら! 
家族が幸せになる食卓作り。
楽しんでいこう♡
 
 
夕暮れの富士山を眺めて、
裏山さんぽ。
 
 
ワラビを採りました。
もう少し、山菜が楽しめそうです。
山の恵みは、アクが強いので、
多食せずに、山の恵みを頂ける分だけを採る。
食べる=採るは同量ってことですね。
  
自然と調和した暮らし。
自然と調和した身体。
 
大切にしていきましょう。
 
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM