夏至・森を歩く心地よさ

2020.06.23 Tuesday

  

立夏と立秋のちょうど、真ん中にある夏至。

いちねんで最も日が長い日、6月21日にちようび。
 
富士山の豊かな森を歩きました。
雨上がりの森は苔とキノコたちの小宇宙。
ちびっこのキノコたちがぴょっこん!びょっこん!
お顔をだして、なんと愛らしいことでしょう。
ちいさな自然のいのちにふれて、
心がウキウキ踊るようでした。
 
 
空を見上げると、
大地にどっしりと立つ大木。
森の王様、こんにちは!
夏至のひととき、森に入らせて頂きます。
ごあいさつして歩きましょう♪
  
 
大きな切株をみつけたよ。
切株のステージに立つと、空から光がさして気持ちがいい。
まるで森のこびとさん。
かわいいね! しぜんに手がのびて、小さな友達の髪を優しく撫でています。
ふれあうこと、関わり合うこと、
ながい自粛で他者との接触を拒む空気に、
小さな子も子も大人も緊張した生活が続きましたね。
自然にふれて、子どもも大人も心から癒されました。
 
 
お花の真ん中をちょうど小道ができています。
こんにちは! ちょっと通りまーす♡
ごあいさつしていきましょう♪
  
  
ビロードの苔をまとったブナの樹。
後ろを歩く人を待つ間、お隣に並んでおりました。
ふかふかの苔をさわったら、水をたっぷり吸いこんで、
スポンジみたいだったよ。
梅雨の季節、植物たちは次の季節へ向けて、
いのちの備えをしていくんだね。
  
苔の美しい庭園みたい。
大地と水、光と風、天と地と、
互いにふれあいながら、なんて美しいせかいを造っていくんだろう。
 
 
ひとりで歩けるもん。
ママの手を離して、一歩一歩進みます。
ふわふわの苔たちが靴をしっかりキャッチしてくれるみたい。
 
コロナにおける社会生活の自粛は心身の健康について考える機会になりました。
子どもを自然から遠ざけることなく、自然という場で、自らのいのちを実感する時を
大切にしていきたいと思いました。身体を整え、優しさとしなやかな強さを養っていこう。
いのちの共感を軸に、これからも自然へ、自然へと歩いていこう!

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM