年輪を眺めて考えていること

2020.05.20 Wednesday

  

山中湖ベースの隣マンションが大きな広葉樹を切った。

きこりの方が丸太にしてくれていて、

「薪がほしい人は自由に持って行っていいですよー」と管理人さん。

  
しかし、これは、なかなか、重たい!
けして持ち上げて運ぶことはできず、
えっちらおっちら、ひとつづつ転がす。
 
雨上がり、
切株に年輪が浮かび上がり、
この茶色の色合いと同心円状の美しさ。
うっとりと眺める。
 
年輪は1年に1つづつ、増加する成長輪のこと。
春は幹の成長が盛んで、夏場はゆっくりになるため、
色の濃い部分は密、色の薄い部分は疎になっている。
うーん、では、この年輪は冬?夏?
と、切株の表面をさわりながら、
時をぎゅっと貯めた樹との会話を楽しんでみる。
 
大きな樹だったから、
ぽっかりと空いた空におひさまが眩しく、
風が通りぬけていくようになった。
ちょっと寂しい、、。
けれど、感謝して、
今年はこの樹たちに暖めてもらおう。
いま山中湖ベースのかたずけをしている。
コロナ休暇で自然下での活動も自粛となり、
これまで手をつけてこなかった装備庫や
マサのヒマラヤの写真も断捨離している。
 
山中湖ベースを訪れることを楽しみにしている子どもたち、
友達やこれから訪れる人に、
裏山のススキ野山や野イチゴ、
ヨモギや野草たちの宝庫を
ひっそりとお連れできたらいいなーと思っている。
   
人が外出を控える。
けれど、子どもも大人も自然や山にふれることで、
こころや身体が解放され、リフレッシュする機会は、
いのちのために大切なことだと思う。
  
 
富士山を眺め、
風に動く雲の流れを感じみて、
自分にも風たちが通り過ぎていく心地よさ、
体験してほしい。
 
私がお連れできる人数は限りがあるけれど、
ご案内をするので、
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
  
自然にふれる
わたしにふれる
そして、場を共にする人と出会う。
  
新しいわたしに出会う暮らしの旅を、
ここ山中湖で開いていきたいなーと、
ぼんやりコロナで考えています。
  

料理は科学

2020.05.13 Wednesday

   

初夏のような天気が続きます。

長期休校からおやつ作りが日課!

のご家庭も多いことでしょう。

 

クッキーやケーキは砂糖やバターを使うので、

なるべくなら控えたいところ。

 

本日はドライフルーツを研究かっ!

の勢いで色々作っているFOSドライフルーツ部門のご紹介。

 

研究員には、素材の調達費用を渡すところからスタート♡

(ドライフルーツに適した材料はなんだろう?)

自分で調べてみよう!

    

(研究には失敗がつきもの。

ママの一言は成功させるための発言か、考えへの助言か?
親としても自分研究の日々が続きますねー!)
   
フルーツを切り、干す時間や日数により、
味が違います。
完成! 
と、思った時には、残りほぼ無しっ!
と、いうことが多いですが、
何日にも渡り、ドライフルーツのネットを太陽の時間に合わせて出し入れすること。
完成の過程を自分の味覚や視覚で確かめてみることなど、
ドライフルーツは科学の学習になります。
 
ノートをつけても楽しいよ。
 
うちでは
おうち映画会→ノートをつけています。
映画の制作・監督の想い・あらすじや時代背景・自分の感想。 
 
ぜひ、子どもと楽しめる学びの実践!
今日も元気に楽しくいきましょう♡

 

 


庭仕事の喜び

2020.05.10 Sunday

  

5月初旬の山中湖は牡丹桜の季節。

スイセンや紫スミレ、チューリップはいま満開です。
  
長い休みになり、これまでできなかったことを
積極的に行っています。
 
ひとつは倉庫の片付け、
もう一つは庭仕事!
  
本日は土を耕して、
鹿の好まないといわれているキク科の花を植えてみました。
 
  
別荘内のマーガレットはきれいに咲いています。
昨日は随分寒かったので、庭仕事には早かったかも、、。
と、ドキドキしてしまいましたが、
土を耕し、固くなった土を手で揉んで、
腐葉土を混ぜていきます。
  
 
    
柔らかくなった土をそっと掘り、
お花たちを植えていきます。
元気についておくれよー。
お花たちに語りかけ、
土をやさしくかけていきます。
鹿に食べられないか、
心配ですが、、。
 
コロナ自粛の生活から
小動物を飼う人が増えているそうです。
 
土にさわり、水をやり育てる草花も
生活に喜びを与えてくれます。
 
切り花でもいいですね!
心の安らぐ時を持ち、
どうぞ日々健やかにいきましょう!

自然を感じて

2020.05.01 Friday

    

太陽の光が眩しい朝です。

標高1000mの山中湖ベースはまだお庭の草花は土のなか。
スイセンやクロッカス、チューリップが咲いています。
   
   
冬の眠りから覚めた植物たち。
あー早く庭仕事をしたいなーと思っていますが、
ここ数年、鹿たちが山から下りて庭の草花を食べてしまい、
別荘のみなさんも花を育てることをやめてしまいました。
  
庭づくりを愛していた方々の残念な気持ち、
分かります。
私もここ数年、あきらめてしまいました。
   
固くなった土に苔と芝。
庭を通るたびに(あーあー)と放置の気持ちにガックシ。
    
 
コロナ感染の自粛が続き、
FOSのコースも中止となり、
山中湖ベースでゆっくり暮らす時間が増えました。
   
よし! 庭を耕そう。
諦めていた庭を耕し、新鮮な空気を土に入れていこうと思います。
鹿が食べない草花を研究して、鹿に食べないでくださいって看板立ててみよう。
実験みたいに鹿との心の交流を楽しんでみようと思う。
いま私には諦めていたことに取り組める時間があるのだから。
  
コロナ感染によりこれまで当たり前だった社会の仕組みが崩れ、
経済的にも学ぶ環境も不安定な状態が続いています。
経済的にも必要なモノを厳選して購入するようになっています
なくてもいいモノは買わない。
そして、お店にないものが、ホットケーキミックスやイーストなど、
手作りに必要なモノが品薄。
 
休校中に子どものおやつ作りでの購入だと思われます。
子どもとの有意義な時間の過ごし方に、おやつ作りは欠かせない。
買うのではなく、作ることで心の充足感・満足感を大切にする人が増えているのだと思います。
ホットケーキミックスがなくても、薄力粉とベーキングポウダ―で作れます!  
どこの店にもドライイーストがないっ!
仕方ない! 天然酵母をおこすしかないっ!ってことで、
干し葡萄から酵母作り。これって実はホンモノで身体に良い!
 
「価値のある良いものは手間暇がかかるものよ」
私の愛読書ターシャ―チューダの一節より。
もうしばらく続きそうな自粛暮らし。
暮らしの主人公となり、いまできる心を満たす行為をひとつひとつ、
丁寧に行っていきたいと思います。
  
裏山は金色の光でキラキラです。
おひさまをあびて、健やかに暮らそう。
 
  
 
   

春休み・雪の記録

2020.04.28 Tuesday

   

久々、ゆうみんLife。

2月中旬から休校となり春休みが続いています。
4月に入り、オンラインでの授業や課題が出ていますが、
自宅学習と自粛に少し滅入ってきているかなーと思います。
     
春休み3月28日は山中湖雪が降りました。
魔法のような雪だったので、記録としてUPしておこう♡
   
   
   
  
うちの前のシンボルツリー。
まるでクリスマスみたいでした。
今年はどこも雪が降らずにいましたが、
富士山と山中湖は比較的、雪景色が見られました。
 
   
   
    
そりで遊ぶことができました。
緊急事態宣言前の春休み、自然そのものにふれ、
子どもも思いっきり遊ぶことができました。
   
  
 
     
関東は自粛要請中のため、都内の公園も駐車場も閉鎖となり、
子どもが遊ぶ場が減ってしまいました。
葉山は小学校の校庭開放があり、短い時間のなかで、
野球やサッカー・バスケットと子どもが走り回って遊ぶことができます。
どこまでが良くて、どれがダメ?
学校や家族間でも、自粛の規制が違います。
   
   
自らの健康の為に、歩く時間に自分のあー気持ちいいなー!
とハツラツと歩く自分を感じてください。
 
   
太陽の光をあびて、ぐーんと伸びて、
身体の節々をゆっくりと大きく回して、自分の身体にピアてポジティブなエネルギーが
いきわたっていくイメージしてくださいね!
 
      

葉山福ふくで家族会議!

2020.03.24 Tuesday

 

春分の日。

おばあちゃんのお墓参りへ。

鎌倉のお寺で和尚さんの読経の後、ひろーいお寺の立派な柱を眺めたり、
お寺での時間をゆったりと過ごしました。
龍口寺のお祭りのお話しをしたり、
若和尚さんとも対話ができて楽しかった♡
若き宗教者の考えや在り方にふれる機会は刺激になる。
ひとつの道に決めて立ち歩いている人と話すと、
自分が見えてくるように思う。
ザワザワしているご時世ですが、
読経の響きと太鼓の音。
ひととき鎮座する時になりました。
 
お墓参り、
おばあちゃんに会いに行かれてよかったよー♡
ありがとうございました。
 
  
お昼ごはんは葉山福ふく寿司。
私の妹と義弟のお店です。
 
 
いつ行っても、凛として空気ともてなしが気持ちいい!
小さなお店ですが、四季の花々が飾られ迎えてくれます。
ほぼ予約で満席なことも多く、義弟の丁寧な職人技を認めてくださるお客さまに支えられ、
不安感の高い社会情勢になりましたが、お店はあたたかい氣が流れておりました。
 
 
父も母もビール! と80歳過ぎても達者なふたりに元気をもらい、
私は夏みかんサイダー♡スカッとおいしい!
  
 
  
おいしいお寿司が出てきます。
しゃりは小さく、新鮮なネタはアート!
大将の握りで食べたかった大分佐伯の美人ブリ!
おいしかったわー。
写真を撮り忘れました。
只今おおいたフェア中! ぜひ福ふく訪ねてみてくださいね!
 
  
屋形島の緋扇貝も登場!
 
 
卒業祝いもしてもらい、ゴキゲンなHちゃん!
葉山に引越して、うれしいことが続いています。
 
世界は見えない脅威に不安がいっぱい。
暮らしのなかに笑顔でいられる瞬間を創り、
大地にしっかりと足をつけて健やかに生活していきましょう!

春野草のびる

2020.03.18 Wednesday

  

春の野草のびる

お友達からのお土産♡うれしい春の贈り物。

ニラの香りと味がします。

 
お野菜は水にしばらくつけておくと、
自然と土が落ちて、葉には水あげになります。
 
頂いた時は土付き。
丁寧に水で洗い、食べやすい大きさに切ってから調理します。
 
少々のオリーブオイルで炒め、
火を止めて塩麹で出来上がり!
春をおいしく頂きました♡
のびるはタマスダレ(有毒植物)に似ていますが、タマスダレにはネギ臭さがありません。
香りをよく嗅いで確認してくださいね。
 
ふきのとう、タラの芽、ヨモギと大地から生まれてくる春を発見!
食べられる野草の知識と調理法を体得し、
もしもの時の心と安心知になるといいですね。
野草を見つけて食べる会!
4月に開催したいなーと思っています。
近日、ホームページでご案内します。
自然を舞台にみんなで学び合う場を開いていきたいと思います。
どうぞお楽しみに!
 

葉山に引っ越しました。

2020.03.15 Sunday

 

3年暮らした鎌倉腰越Lifeを終え、3月4日に葉山堀内に引越しました。

妹や少林寺の仲間たちの暮らす葉山へ再び!
  
4月から大分郷里佐伯市宇目のキャンプ場の指定管理をマサが始めることになり、
家族それぞれが安心して暮らしを営める土地を考えた時に、
私とヒカリと葉山に戻ることを選択しました。
チサトは6月末にスウェーデン留学から帰国予定です。
     
暖かな太陽の溢れる葉山。
ゆっくりと散歩を楽しんだり、海の景色を味わったり、、。
久々の葉山life。心地よいなーと感じています。
  
今回も自分たちで引越しました。
じぶんで運べないものは買わない。
結婚してからモノを買う時に決めていることです。
(それって運べる?)マサとふたりで相談しますけど、
だんだん私が持てなくなって、今回も頼もしい友人に助けてもらいました。
地球規模で感染予防が叫ばれる状況下になり、
毎日の社会的な当たり前が崩れ、なにが安心で何が信じられる情報なのか?
と自分で考えて行動し、自ら信じる価値基準で生きる。
突然、そんな社会になってきました。
    
私が大切にしたいことはなんだろう。
他者と共に、分かち合いたいことってなんだろう。
  
新しい春のステージに、
当たり前のことだけれど、
もういちど、自分がなにを大切に生きていきたいのかを問う機会になっています。
  
ゆうみんLife、
葉山lifeになりまーす!
山中湖は変わらず!
  
大分はlifeまではいかれないかもしれませんが、
3つの暮らしを子どもと共に楽しく創造していきたいと思います。
  
今日ににちようび、
おひさまを浴びて、心健やかにまいりましょう。
  

まるっと2月ゆうみんLife

2020.03.08 Sunday

 

あっという間に3月!

ゆうみんLife、すっかりご無沙汰。

まるっと2月をお届けしまーす♡

 

 

2月8、9日土日は二日続けて富士山そり!

 
原っぱ大学のみなさんとの土曜日は、雪も降ってくれて新雪の美しい景色。

親子でかけがえのない時を共有する。

原っぱ大学とFOSのコンセプトが重なり合うことで、

互いに共感し、場を創り合えることは、私たちにとっても喜びです。

  

  

翌日曜日はFOSコース!

1年に1回、富士山そりにご参加くださるご家族もいて、
1年ぶりの再会にお子さんの成長をお互いに祝福しあう。
そしてのんびーり自然にかいほーう♡
  
  
FOSは異年齢で遊べる楽しさがあります。
身体能力がハンパなく高い小学生Wちゃん。
中学生Hさんと活動すると、自分のチカラを存分に発揮できる!
富士山をバックに飛びまくって撮影。すごいわー。
   
   
2月16日の夕暮れは美しかったねー!
この日はHちゃんのお友達を連れて富士山にいきましたが、
中学生諸君、大満喫の富士山♡
   
  
久々に登場!
部活女子、岩登りもガッツでいいわー!
 
 
鷹取山クライミング、日曜日は強風のなか、
登り込みました!
ちびっこから大人まで、真剣に遊ぶ!
身体と心を動かして、会話ではなく行動で対話する。
FOSならではのコミュニケーション。
言葉を多く語らずとも、交流は生まれて、あたたかな気持ちが心根に残る。
最後にひとりひとりシェアをしてもらいますが、本当に自分が伝えたいことを端的な話す。
子どもも大人もドキドキしちゃう。
けれど、あなたの感じたままを語り、聞き合う関係の安心感をなにより感じてほしいと思っています。
   
   
2月連休は小さな天使が北海道から飛んできました。
超かわいい!!!孫みたいな気分です。
幸せな社会を創っていこう! とつくづくと思います。
想ったら実践! 
   
 
 
2月23日はFOS×横浜ぐるっとママ開催。
コロナの影響で様々な活動中止になっていますが、
自然下の活動であること、特定できる参加者であることなど、
ご参加の方に自分自身の体調をよくよく感じて頂いての開催にしました。
  
  
ウィルスは熱に弱い!ということで、もう焚火でぐつぐつぐらぐら!
 
 
とってもおいしいほうとう鍋が出来上がりました!
  
 
子どもの元気な声と笑顔が溢れている!
健やかな子どものいまと未来に、私たちができること!
子どもと共に育つ場を開き続けていこう♪
 
 
 
3月1日㈰は原っぱコラボ第二弾!
雪がなーい♡そしてコロナの影響で参加2組でしたがスタッフTさんの愉快な母子と、
めっちゃゴキゲンな森からの富士山時空間。
  
  
いつもの森の大木さんにごあいさつ♡
  
  
親子で植生について、苔をみつけて分かち合う。
ほのぼのタイム♡自然はいつも私たちを待っていてくれている。
(今日もありがとう)と、いつも想うの♡
  
 
足元に広がる美しさと共に!
 
 
1週間で雪はすっかり姿を消してしまいました。
黒い大地の富士山に、ワレラ不時着的な雰囲気。
  
  
残雪をみつけては滑る!
この広大な景色を眺めて滑る爽快感。
コロナの影響で世界的に社会的になにか不安と心配の渦にぐるぐると落ちていきそうになりますが、
こんな時だからこそ、自然のなかで身体を動かし深呼吸。
   
  
霧のなかから顔を出してくれた富士山。
ありがとうございました♡
  
   
で!!!トダカ家、翌日カマクラから葉山に引っ越しました!
マサと結婚して25年になりますが、湯河原→忍野→山中湖→葉山2回引越し→鎌倉→葉山へ。
自分で引っ越してるー。いつも助っ人がいてくれて、なんとか自分引越し!
今回は大物の冷蔵庫がネックでしたが、鵠沼のバディ冒険団のえんちゃんと息子Mくんが
ちょーど朝、オーストラリアの留学から戻り、冷蔵庫を運びに来てくれた―。
助かるー! 困った時にそそそそっーと即動いてくれる人に囲まれていることは幸せ。
ありがとうございます♡
   
           
3月3日ひなまつり。
引越しの荷物のなかで、葉山福ふく寿司から差し入れ!
アリガタヤー♡
 
 
  
葉山のお宅の写真はまた次回に!
まだ引越し作業中にてー♪
週末は山中湖に断捨離と荷物整理。
4DKから2DKの小さな暮らしにchange! 
マサが春から大分佐伯市宇目のうめキャンプ指定管理を受け、
私とHちゃんとの暮らしを考えての引越しです。
Cちゃんも6月には北欧留学から帰国します。
新しい家族のカタチ。
ほんとうに必要な物に限定して、スタートする。
いい機会になっています。
2月はコロナの影響で心も何となく落ち着かず、
いまもですが、なにが正しくて、なにが間違っているのか、
とても見えにくい。
こんな時だからこそ、自分に必要なことはなんだろう?
思うこと、感じていること、考えていることを率直に話し、
対話のなかで、他者を知り、自分を見つめ、
社会を見通して、自分が描いている幸せな社会創造を実践していく時なのかなと思っています。
山中湖は朝から雪が降っています。
さて、3月はまだこれから!
丁寧に暮らしを紡いていこう♡

はじまりましたー!フジサンそり

2020.02.04 Tuesday

 

    

おはようございます。

フジサンそり入口に立っている大きなもみの木。

子どもたちがまず、「わーゆきだー!」と駆けていく森のなかで、

いちばんの大木。

いつも、(今日もよろしくお願いしまーす)と声をかけてゆく木さんです。

   
今年はどこも暖冬で雪が少なく、
フジサンのそりはできるかなー!と、
心配していました。
    
けれど、先週、どーん!とやってきた南岸低気圧に富士山周辺は大雪。
忍野の小中学校は休校になったくらい。
一日で50儿澆辰討れました。
    
けれど、夜から雨になってしまい、
道路の雪は溶けてしまいましたが、
生活者にとっては、道路の雪が残ると路面の凍結が怖いので、
雨は有難いのかもしれません。
    
冬の山好きの人はざんねーん!!!
けれど、富士山は有難い事にいい雪がついてくれています。
   
  
 
  
森を抜けて、富士山にでたところ。
後ろは箱根の山々が連なっています。
お天気がいいと駿河湾まで展望できます。
    
 
  
  
フジサンに向かってゆっくーり歩きます。
雄大な景色に包まれて、歩く心地良さ。
   
「なんてきれいなのー!すごくないですかー!」
ママが感動しています。パパも嬉しそう。
日々、仕事でお疲れのママもパパも、この広大な景色を前に、
ものすごーいリフレッシュ!
自然そのものにふれること。
理屈ではなく、いまのありのままを、
なんだか受け入れていかれるように感じるから不思議です。
  
 
 
   
藍の空に白い雲が描かれています。
まるで神さまが白い筆をふるったような、、。
だれかが龍がいるなーって言っていたけれど、
フジサンの蒼空、大好きな空の色。
 
  
 
 
  
さて、そりをしにいこうかなー!
山の大きさと人の小ささ。
このスケール観、フジサンそりの美しい光景。
広大な景色のいちぶになる。
     
   
  
「少し、上に歩いていかない?」
ママたちをお誘いしてミニ登山」
望遠でフジサン上部の写真を撮りました。
新雪をふんわりまとった山、美しいですねー。
みなさん、山と静かに向き合って過ごしていました。
フジサンと対話する。
じぶんの対話する。
5分間の瞑想タイム。いい時間でしたねー♡
 
  
 
   
「2時に下山だから、そろそろ降りよう」
山は風が吹いてきて、雲が湧いてきました。
太陽が雲に隠れると急速に気温が下がり始めます。
  
 
みなさん、そうした気配を肌で感じて、
準備もさささっーと手早く行っています。
  
自然下でのこうした体験は、
万が一、自分の命や家族の命がかかっている出来事に出会った時に、
身体が体験した無意識のセンサーが働いて、
しぜんと身を守る行動がとれていることに、
じぶんが驚いちゃったりすることがあるんじゃないかと思います。
  
   
 
  
  
翌日のフジサンの写真です。
月曜日は強風。いやいやよかったね。
この傘雲はかなりの風ですよ。
   
フジサンそりは、いつも不思議なんですが、
集う人たちにピッタリの条件が与えられます。
足並みをみながら、その日のベースを決めていきますが、
今回は2020の初回フジサン、素晴らしく恵まれたコースになりました。
     
 
一年ぶりの再会の子どもや大人のみなさん、
山で会うと、なんたが364日の堺がないのが不思議です。
   
いやいや素晴らしいフジサンさんそりでした。
今週末はまたまたフジサンそり!
たのしみだなー♡
    
日常もフジサンの空気感で、
凛と呼吸ゆったりいきましょう♡
  
      


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM