Summerいな2019に寄せて

2019.08.12 Monday

 

福島Summerいな。震災から8回目の開催。

2011年夏に福島大・コールマンとの外遊び支援から始まったイベントですが、

形を変えながら、震災の時に突きつけられた、

私たちが生きていく本質的なビジョンを問い続ける場として継続し、

ふくしま伊南へと集う意味と価値を深めていると感じています。

 

Summerいなは母体であるいな夢クラブからの福島サイトの参加者と、

FOSサイトの首都圏の参加者との出会いと交流も魅力です。

 

私たちの長く親睦のある高〇パパ、

今回は2日目に仕事で東京に戻り、翌早朝にサイトに帰宅していました。

まだ朝が明けたばかりの静寂のなか、サイトをゆっくりと歩いているパパと

「おはよう」と微笑んで挨拶をしました。

日々、医療現場で働くパパですが、いつも穏やかな佇まい。

最終日のシェアではパパから

「ここには、家庭・仕事・人間関係において、自分が大切にしていたいと感じていること、すべてがある」と

お話してくださいました。

 

私も伊南に魅かれて25年になりますが、

夢クラブのみなさんの遊ぶこと・働くことを惜しまずに楽しみ、

そうした行いすべてに喜びを創り出していく姿勢。

心から楽しい時間を共にするとができています。

 

Summerいなは地域のお年寄りの協力もあり、

食・畑の恵みを惜しむことなく分けて頂き、

その恵みを料理をしてふるまい、

子どもも大人も心から満足するおいしいご飯を頂けること。

この幸せの循環! がキャンプ生活の軸にあることが大きいです。

 

伊南川本流の川遊びも、

幼い頃から川遊びをして育ってきた人たちの賢い自然の知恵が基本にあります。

どこまで冒険できるのか、経験値で見守りながら進めていかれることは、

充実感度の高い体験ができる要素になっています。

基本的には親子での行動をお願いしています。

親が子の様子をしっかりと見守る。

冒険的な活動ですが、親も子に啓発されながら、自分のいまの感度を確かめる機会にもなり、

子と共に自分自身を知り、親子で成長できる機会になっています。

 

Summerいなは私の理想のキャンプです。

伊南に嫁いだセンパイのご縁から、

こうして多くの方と交流し、村のおじいちゃんおばあちゃんにもふれあいながら、

夏休みのひとときを共に豊かな思い出作りを創り出せていること。

ほんとうに感謝です!

 

いな夢クラブのみなさん、南会津の子どもたち、

遥々、3時間半電車に乗って参加してくださったみなさん、

ありがとうございました! 

 


夏休み富士山へ

2019.08.10 Saturday

 

夏休み富士山登頂コース! 

今年7回目の開催。小2から毎年参加の青空、中学2年生になりました。

飛行機で飛んでくる福岡チーム、香港からも飛んで参加!

東京・地元山梨と小学生から高校生までひとつのチームとして登る富士山。

今年もとっても楽しい富士山コースになりました。

 

標高3.376mの富士山。

日本一の高さのおやまは、何回登っても、けして楽ではありません。

天候や風の強さで体感温度が違うので、

雲が全くなくて晴天すぎたらバテちゃうし、

風速20m以上の時もあります。

 

今年は登り始めに雲が日傘代わりをしてくれて、

きもちよーく風が吹いて、

小屋まで快調な足取りで登ることができました。

 

富士宮口登山道から、御殿場のプリンスLINEにトラバースして、

砂走館に宿泊。砂走館のスタッフにけん玉を貸してもらい、

けん玉をヒントにペットボトル立てに盛り上がりました。

どこでも楽しんじゃう人たちの明るさ、

富士山を照らしておりました。

 

1時起床の1時半出発の夜中も無風快晴!

サイコーのアタック日和。

 

山登りは一歩一歩、

吐く呼吸を意識して、歩調と呼吸をあわせて歩きます。

集中して歩くって気持ちいいんだよね。

 

 

風が雲を運んで、まるで生きものみたいに動く。

光と雲とが色をやんわりと注いでいる模様。

歩きながら訪れていく変化を瞬時に感じ見ていられる心地。

私にとっての山の魅力です。

 

 

ご来光を待つ藍の空、

寒さと眠たさ、光のあたたかさを祈るように欲する。

雲間から太陽が昇る瞬間の喜び。

富士山のご来光は特別感があるね。

 

静かな金色の光に包まれました。

 

 

下山は一気に駆け下りました。

今年の富士山、みんなで登ることができて、なによりでした。

一年に1回のFOS富士山登頂コース。

また来年、富士山であいましょう♡

 

 


FOSfamilyCamp2019の写真から

2019.07.27 Saturday

 

FOSfamilyCampは毎年、富士山に集ってきました。

今年は天候が不安定でお天気が心配だったのですが、

富士山はひょっこりと顔を見せてくれたり、どーんと聳えていたり、

みんな富士山に出会えると嬉しくなります。

 

 

忍野の二十曲がり、山の神さま。

富士山と向き合って建っています。

階段を上るとなにかあるんだろう?

純粋な興味が湧きますね。

子どもと一緒に冒険するっというのは、

大人がそうした素直にすっと思ったことを子どもと一緒にやってみる。

それが冒険なんだと思います。

そう考えると、暮らしていくなかには、いっぱい冒険はあるものです。

 

 

なんの穴でしょう? 小動物の住処かな!

 

「小さなネズミちゃんがひとりで住んでいました。

ネズミちゃんは友達が欲しいのだけれど、

外にでるのが怖くって、いつも狭い穴倉のなかで考えごとをしていました。

(あーだれか、私と友達になってはくれないかしら。

どんな友達がいいかな?

やっぱり友達はやさしくて、ユーモアがあったらいいな。

暗い穴のなかがぱっーと明るくなるような、

楽しいお話をいっぱいしてみたい!)

小さなネズミちゃんが思い切って、お外にでると、

そこには小さな女の子がいました。

ネズミちゃんの穴をじっーとみていたのです。

ネズミちゃんはビックリしましたが、思い切って、

小さな女の子に挨拶をしてみました。

 

こんにちは!

 

そんなことってある!

ネズミちゃんと女の子は挨拶を交わしました。

ネズミちゃんはうれしくって飛び跳ねました。

すると、、、。」とお話は続く、、、。

 

なんて寝る前に、森でみつけた穴をヒントに、

ママの創作物語を聞かせてあげるのもいいですね!

私はよくやってました。

 

 

これ、なんだかわかりますか?

笹の葉が開く前の若葉の時に虫さんが食べた食痕です。

 

 

SUMMERキャンプのみんなの笑顔。

しぜんにうちとけあい、みんな柔らかな自然体。

 

 

山から下りて滝へ。

どーんと滝に打たれてサイコー!

 

 

また富士山にあいにきてね!

familyCamp、今年もありがとうごさいました♡


Coleman×FOS Dance with Natuer ゆうみんレポート(おおいたlife付き)

2019.07.17 Wednesday

 

 

ただいま! とだか商店。

くまちゃんサークルお出迎え♡

義兄さん、60歳ですけれど、かわいいセンス♪

 

 

 

熊本トマト、おいしそーう♡

 

 

 

ラブ、ただいまー!

 

 

なーんだHちゃんじゃないのかっ! 

ふて寝。

おいっ!!!

 

 

キャンプ前日は晴れ!

当日は雨予報。できる準備をしよーう。

 

 

 

対向車なしー。

宇目の大橋。ダムの真ん中を走って大分から宮崎方面へ。

 

 

 

藤河内渓谷はユネスコのエコパークに登録されています。

ほそーい山道を登っていきます。対向車が来ないように祈りながら運転。

電波が届かないので、コース中は天気予報やFBをあげるのに、

電波地点まで山道を下りますが、野兎、キツネ、タヌキ、ネズミが横断。

要注意。野生動物に会えるとなんでうれしくなるんでしょっ。

 

 

 

谷の向かいは鷹鳥屋山。

山深い処です。

 

 

山をどんどこ上がると湯ーとぴあ。

キャンプ中、避難もできるので安心です。

 

 

はい! ここからは冒険トレックダイジェクト。

ランダムにご紹介していきたいと思います。

Colemanの大タープ。主宰マサの考案でタープをつなぎあわせて張ってます。

もう10年来、雨でも無敵のタープ。宇宙船タープと呼んでいます。

 

 

タープの下で焚火ができる!

 

 

タープの下でクッキング!

 

 

寛いでいる人もいる!

大きな屋根の下でそれぞれが好きなことを同時に進めていかれるってステキなんだよねー。

みんなでキャンプの様々なシーンを共有しあえる空間。

FOS×Colemanキャンプの魅力。

 

 

DWNのキャンプ愛ティム紹介しまーす。

まずはテント! 今回は前室のあるColemanテント!

タープと一体型のテントです。濡れ物も干せるし、着替えもできたし、

今回の雨キャンプには有難いテントになりました。

 

 

Colemanの雨具! 

雨の活動で大活躍。

 

 

今回は雨の為、湯―とぴあの神楽殿にてテントマットを敷き詰めて眠りました。

一枚、あるだけで快適さが違います!

 

 

FOSは音楽が大好き!

北海道のヒグマの太鼓くん。この夏も野性の魂を響かせておくれー♡

 

 

ガス鍋! 30人超えのキャンプにはめっちゃ重宝しております。

 

 

水の活動には必ずライフジャケットをつけています。

 

 

オープニングの写真でーす。

 

 

妹や弟も映ってます!

 

 

まだドキドキの仲間づくり中。

 

 

FOSの頼もしいスタッフ! ぽぽとまじゅ、にいにとマサも映ってます。

 

 

キャンプのごはん紹介

おおいたと言えば、団子汁!

 

 

子どもたちの作ってくれた朝ごはんのロールサンド!

 

 

差し入れの佐伯のあじの干物!

 

 

班で作ったカレー!

 

 

湯―とぴあのおばちゃんの差し入れ 蒸かしまんじゅう。

 

 

今回は雨キャンプだったので、

あたたかいスープがおいしかったねー。

 

 

ここからはキャンプの思い出の光景。

水たまりと泥濘。

 

 

焚火

 

 

かえる

 

 

 

 

清流

 

 

飛び込み

 

 

山の霧

 

 

カレー作り

 

 

ウィンナー焼き

 

 

おいしい!

 

 

ふりかえり

 

 

最終日の宇宙船タープ。

みんなが沢に遊びに行っている時の写真です。

 

 

Coleman×FOS DWN2019,

おおいたの藤河内渓谷開催、今年は雨から晴れへ。

キャンプシーンのすべてを体験できるコースになりました。

電気もガスもない不便さのあるキャンプ場ですが、

ランタンの燃える炎、ヘッドライトやあたたかな寝袋に包まれて眠る心地。

自然のなかで生活すると自分にとって必要なものが実は少ないことに気づきます。

 

なにより友達と遊んでいることや、

焚火が楽しい! 

ごはんがおいしい!

 

いやいや楽しいcampでありました。

すべての出会いに感謝!

ありがとうございました♡

 

思い出DVD作成しまーす。

どうぞお楽しみに♡

 


パンを焼いてますよ

2019.07.10 Wednesday

 

パン作りは、炊飯器でごはんを炊くのと同じくらい簡単。

 

強力粉 300g

砂糖      大さじ1

ドライイースト 小さじ1

塩       小さじ1

水       180cc

 

パン焼き機に入れて生地コース。

できたら、色々な形に成形します。

 

強力粉をコーン粉、全粒粉、

残りごはんや玄米も入れちゃいます。

 

胡桃やぶどうパン、ジャムなど砂糖の使ってある素材は発酵が増して、

ふんわりしたパンになります。

 

 

生地を焼く時に卵を溶いて、うっすらと黄身を塗ると

まるでパンやさんみたいな焼きあがり!

 

パウンド型に入れると食パンみたい!

これは小さなパウンド型なので、ミニ食パンが焼けました。

 

うちの子たちにとってパン作りは日常。

お友達が遊びにきたら、生地だけ作っておいてあげれば、

カラスのパンやさんのように、みんなでパンを作って大満足の放課後。

 

暮らしを豊かに彩る。

手作りってワクワクと嬉しくなる魔法。

 

暮らしの魔法使いになりたいなーと、

日々、魔女修行中。


雨の森

2019.07.05 Friday

 

土の道を歩く

シダの葉 亜熱帯みたい

気分はジャングル探検だ

 

泥るみにはまらないように

ドキドキ 

滑らないよう

ドキドキ

 

空から雨の一滴

宇宙からパラシュートみたいに降ってくる

わー感動するー

うんうん、感動するー!

 

雨の森歩き

自然にふれる

私にふれる

 

すてきなじかんになりました。

 

 

 

 

 


麗しの道

2019.07.02 Tuesday

 

梅雨間の青空

牧草地の小道をゆく子どもたち

 

学生の頃からお手伝いしている附属小学校の移動教室

大好きな清里合宿の野外活動の指導にいってきました。

 

名物の大先生には子どもの前に立つ時の心得や表情について、

教えて頂いたり、多くのことを学ばせてもらってきました。

 

麗しの小道

子どもたちの愉しい声が響いています。

何気ない光景のなかに

大切にしていたいものが生まれてる。

 

この道は毎年、通ることになるのですが、

遠く八ヶ岳連峰、遥か富士山を望み、

来年、登る飯盛山や5年生で挑戦する山々も見渡すことができる場所。

 

自然が子どもたちに教えてくれることは、

雨に濡れた森の景色、

神秘的な雲の動き、太陽のあたたかさ、

晴れた時の爽快な気分。

五感で捉えた知は感性を伴い、

子どもの心に生き生きとして知性を養っていく。

 

6月の清里は雨が多いけれど、

だからこそ味わえる世界が広がっている。

 

とっても素敵な4日間になりました。

 

 

 

 


夏休みエントリー受付中

2019.06.20 Thursday

 

2019年夏休みコース、ご紹介しまーす♪

FOSfamilyキャンプのベースは富士山北麓。

□7月20.21日土日1泊2日間。

富士山の聳る光景でお待ちしています。

 

 

FOSキャンプは活動はもちろん! 

ごはんが人気♡スタッフさおりさんちは農家さん。

畑から直行お野菜を使ってサイコーにおいしいごはん♡

 

 

快適なタープとテントはColeman社のサポート。

大人・親がわたしに戻れる場所と時間と人に出会えます。

子どもは全身全霊で楽しんでまーす。

 

 

活動は大人も子どもも一生懸命になっちゃいます。

ありんこみたいですけれど、おやまに登ってますっ。

 

 

赤富士に出会えちゃいます。

 

 

富士山登頂コース。

□7月29日㈪〜31日2泊3日(1泊は山小屋)

今年は福岡・海外在住の子も夏休み帰国で再会!

子どもたちのワクワクうれしい気持ちが伝わってくるなー。

 

 

ふくしま南会津summerいな!

□8月2〜4日㈮〜㈰2泊3日間

川ガキは何歳からでもなれますよ!

 

 

南会津の田舎の食文化体験。

今年も村のみなさんと心のあったけー場を創るべっ!

 

 

天然もんが採れますよ。

 

 

はーい! 飛行機で飛んでおおいた!

おおいたジュニアコース

□8月17日㈯〜21日㈬4泊5日間

藤河内渓谷。秘境ですねー。

 

 

海外みたいでしょっ。おおいた県・日本のいなかであります♡

日本は自然の美しい豊かな文化がありますよー。

その土地の人と暮らしに出会うことで世界はぐーんと広がる!

つい意識が海外志向や国際思考になりがちですが、日本の魅力再発見♬

 

 

葉山の海。湘南もいいですねー!秋にコース組まーす♡

 

 

秋からは外岩コース、エンジョイクライミング♡

平日、女性のためのクライミングやっていこう!

 

 

野外学校FOSは今年で25周年、

「自然に出会う、

人に出会う、

わたしに出会う」

自然そのものにふれることを大切にしています。

五感をひらき、

自然に感じたすべて出会いは、

ゆるぎない自己体験、あたなそのもの。

この夏もゆったりとした気持ちで、

みなさまとコースを創っていきたいと思っています。

コースについて、ご質問等、どうぞお気軽にお問合せくださいませ♡


空の旅

2019.06.13 Thursday

 

大好きな空の旅

飛行機は窓際席

高度が上がると藍の色が深くなる

空と海、流れる雲を眺めながら、

時にゆだねている心地が好き


かまんど市場初参加♡

2019.06.10 Monday

 

初参加の鎌人いち場。

朝6時からテント設営。駐輪所の赤コーンを立てたりと、

準備から参加。(はやっー!!)と思ったのですが、

朝の爽やかな空気のなか、「おはようございまーす!よろしくおねがいしまーす!」

スタッフのみなさんのあいさつも気持ちいいっ♡

キャンプも準備とかたずけは裏舞台。

表舞台を支える土づくりみたいなものですが、

どうやって舞台が創られていくのかを知るには、準備に参加すると雰囲気がわかります。

 

臨海公園入口に駐輪しないようにとコーンを立てたり、

張り紙を張りましたが、1時間交代でボランティアが付きます。

 

鎌倉で活動するボランティアのみなさんが、自転車できた子どもや家族の方へ、

「道路を渡り、海側の駐輪スペースにお願いしまーす」と一声かけるのですが、

みなさん気持ちよく、自転車移動してくれます。

(市民フェスはみんなの場だよ。参加する人もどうぞルールやモラルを守ってご参加くださいね)

なんだか、そんな声が優しく聞こえてきそうです。

 

地球市民として生きる人たちをどう育てていくか?

いま、教育現場でも社会でも地域意識を育むことが求められています。

「地域活動・社会参加について、、」等々、教室や講座で学習するのではなく、

フェスって実践的な関わりとして、交流を通して他者と話す場面が生まれるし、

自分で立ち話を対話へとつなげていくこともできる。

学びの可能性が開かれている場でもありますね!

 

 

FOSの活動パネルを展示しましたー。

海で山や森の写真を眺めるってなんだか新鮮!

 

お散歩に通られたご婦人や紳士が足を留めて写真を眺めてくださったり、

小さな子どものパパやママもキャンプに興味を持って話に花が咲いたり、

私たちもとっても楽しい対話を楽しみました。

 

「子どもとは随分キャンプにいったよー。いまは孫育てだからさ。いいねー自然は、、、」

「障がいを持っている子どものキャンプはありますか?」とご質問をうけて、

友人が開いている発達障害の子どもの活動団体をご紹介できたり、つながりを生みだすことができました。

 

ケイタイで即ググれる時代ではありますが、こうした心と心でふれあう場を私たちは求めているし、

どこかで、ゆるやかにつながっている実感が社会への安心感や地域への信頼になるのだと思います。

 

10年目の鎌人いちば、続けるってすごいな!本当に感謝したいと思いました。

 

 

公園近くの老人ホームに勤めているTちゃん。

FOSでも他の音楽フェスでもいつも楽しく再会する友達。

「マサたち、何やってんのか見に来たー!」とまず昼休みに一人で視察。

「おばあちゃん、散歩につれてくるわー」と車椅子のおばあちゃん太鼓でセッション!

「これ、いいかもー!」とお帰りになられ、再度、

「いまさ、施設前にばあちゃんたちいるから、至急出張すべし!!!」とコール。

御神輿が通るのを待っている時間らしく、前座でマサのうたと太鼓でドン!

おばあちゃんたちの手拍子や太鼓やマラカスを配って、突然のセッションタイムスタート。

みなさんニコニコ♡ とっても楽しいライブになりました♡

Tちゃんのおもいつきのおかげです。

「仕事中で飲めないのが残念!」とニコニコお別れしましたが、

仕事終えたら一杯ニコニコやっていることでしょう♬

(世の中は善良なるひとり人の尊い働き(思いつき)によって豊かになっている)と思う。

 

 

自然のまんま舞台って美しすぎる!

緩やかな傾斜の上に観客が座るというスタイル。

 

フラの衣装と芝生とオオバコのワイルドな地面の調和的な光景。

うっとり♡

 

いつものことながら、FOSを手伝ってくれる仲間たちに感謝!

ここ数年はFOSの音楽フェス担当でマコが入ってくれています。

小さな子どもたちの音への反応力、音への目覚める様子をパパやママが驚いて、

一緒に嬉しそうに音楽に揺れているのがステキ♡

 

マサの音楽を越えているリズムが開いていく世界観。

そこに集う人たちが自由に参加して、新しい音たちがつながりあい、

音楽になっていく斬新さがたまらなくいいよねー。

 

次なるフェスはColemanキャンプフェスが7月26.27.28日。

夜はFOSブースにて音楽セッションなるかと思います。

 

FOSのサマーキャンプ7月20.21日土日。

富士北麓の赤松のキャンプ場をベースに自然も音楽も楽しいキャンプ!

 

秋・鎌人いちばは10月20日㈰開催!

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM