1月4日流星群

2019.01.05 Saturday

 

1月4日は流星群がくるっ! 明神山頂上で流れ星をみようっ!

と、娘とふたりで寝袋とマットを抱えて午前3時から登ってきました。

※写真は同じく星キチの先輩が同時刻に千葉の海で撮影したものを頂きました。

 

1時間で30個くらいの流星がみえたねー♡って星好きにはたまらない夜でした。

 

 

明神峠はカメラマンのおじさんたちもカメラセットしてましたけれど、

頂上は私たちだけで、しーんと静かな宇宙と向きあって、なんともいい時間。

 

 

藍空とオレンジの夜明け 

そうそう、このグラデーション!

 

 

月と星のじかんから太陽の光の時へ

地球がゆったりと呼吸して生きている時のそのなかに包まれている安らぎ。

いま、ここにいるよ って時をぎゅっと感じる瞬間に出会える。

今年もまだ始まったばかりだけれど、今年もこうした時間を大切にしていきたいと思います。


2019ねん はじまりに向けて

2019.01.03 Thursday

 

2019ねん あたらしい年になりました。

おめでとうございます。2012年からのゆうみんLife、今年8年目にはいります。

子どもと共に自然と暮らしを心から楽しんでくることができたなーと改めてふりかえります。

 

子どもが大きくなり、それぞれに興味関心を持ち、

自らの好奇心と感性で自らの道へと歩きだす年齢になりました。

日常のなかで、自らのワクワクする探究心を羅針盤に、

自分が心地いいなー!

うれしいなー!

自分が望むことへとエナジーを向けて、

行動していかれることは幸せなことです。

そして、共に自らの喜びを分かち合える隣人がいることで、

その喜びは幾重にも広がっていきます。

 

今年も、自分の感じる気持ちと心を軸に、

しあわせに向かっていこう!


FOSジュニア「ワクワク」がひらく「わたし・ぼくの未来」レポート

2018.12.29 Saturday



 

2018年度冬休みジュニアコースは山中湖ベースで開催。

ぎゅっと濃い3日間になりました。ランダムに写真とコメントでご紹介♪

 

 

集合したら、すぐに森に焚き木を取りに行って焚火でしょっ!

みんなが自然と関わりながら、個人としても楽しめるように遊んでいきまーす♡

 

 

ごはんを食べたら山へいこう。

澄んだ空気と冷たい風を切って歩く感じ、、。

冬の森歩きって気持ちいい♬

 

 

そして、山は駆け下る、、。

結構、急斜なもんで、回転しちゃったり、自分でもびっくりするんだよね。

しかし、よく走る人たちである。

コース中「山でおにごっこしょっー!」と藪を駆け回ってました。

二階は藁がいっぱい落ちておりました、、。

 

 

小動物の巣みたいな! あたたかさと楽しさムンムンのベース♡

 

 

トランプ、UNOそしてかるた、昭和なゲームが人気です。

おやじギャグかるたは、読み手のセンスが求められます。

子どもたち、すぐに覚えちゃってすごいわー。

 

 

みんなでお料理を作りました。たこやき、焼きそば、お麩のフライにサラダ!

 

 

お誕生日おめでとう。パパとママからの差し入れケーキ。

みんなでうれしく頂きました♡ ローソクの灯りと子どもたちの表情がなんとも美しい。

 

 

 

雪を求めて森の小道をゆきましょう。

 

 

 

わー! 雪だー!!!

そりを滑ったら、また登ってを繰り返しますけれど、

とっても楽しいそり滑り♡

 

 

ふたりで滑ろう! ぎゅっと友達に抱きついて、もうそれだけでうれしい♡

 

 

雪があってよかったー!!!

富士山、ありがとうございましたー♡

 

 

道なき道を下山しまーす♡

 

 

鳥の巣が落ちていましたよ。

小鳥ちゃんはすでに育ったことでしょう。

富士山の森でチチチチチーって飛んでいるかしら、、。

 

 

山中湖の音楽ナイト♬

マサのフォルクローレに太鼓のリズム。

みんな宇宙の渦のなかへどんどこどん!

 

 

 

最後はみんなでお餅つき!

山中湖のペンション村のみなさんから杵と臼、蒸し器をお借りして、

子ども餅をつきました! ねじり鉢巻きがいいわー!

 

 

餅つきはワレラにまかせろっ!!!

 

 

みんな真剣によいっしょ! とつきました。

お餅つきってたのしい。来年もやりたいと思います♡

 

 

今年もジュニアコース、充実感いっぱいで終了!

自然を舞台に全身全霊で楽しみ、山小屋暮らし満喫の3日間。

みんなの笑顔と笑い声が響く、素晴らしいコースになりました♡

 

次回は春休みコース!

子どものワクワクが拓くコースをデザインしていきたいと思います♪

2018年ジュニアコース、今年もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 


冬休みがはじまりました♡

2018.12.25 Tuesday


 

冬休みがはじまりました。

なんだか すっきりしない天気なのですが、

遠くに目を向けると、海の向こうの光と雲が輝いていたり、

富士山上空も、雲間から見える空は藍色が美しく在りました。

 

 

低学年ジュニア、はじめての自然たいけん。

マサのネーミングなのですが、私たちにとってもワクワク気分で始まったコース。

時間の深さと時間の回転軸がものすごく早くて、次から次へと、子どもたちから創造的な直観で、

まるでマジックみたいにアートが生まれていっちゃう楽しさ!

 

 

空間に音楽が溢れて、笑顔がいっぱい生まれていく。

なんてステキなことだろう。

 

 

最高のクリスマスだったなーと思います。

 

 

子どもの内に存在する世界観を受けとめていく。

自然に湧いてくる気持ちに素直になって、遊んだり、人と関わってみたり、暮らしてみる。

そういう場と空間と出会いを紡いてきているんだよなって改めて思いました。

とってもいい時間になりました。

 

 

いちにちがあっという間に過ぎていくのだけれど、

いま在ることに感謝して、丁寧に生きていきたいなって思います。

冬休み本番! 明日からはまたジュニアコースがはじまります。

さぁ! 明日からのコースの準備をしましょう♡

子どもたち、お待ちしていまーす。

 

 


富士山のシーズン

2018.12.21 Friday

 

12月20日木曜日の富士山。

シアトル在住の友達家族が冬休み帰国で山中湖へ。

元気なKidsと明神山に登りました。

日本初来日の子もいて、気持ちよく澄んだ藍空と富士山に、

真正面から出会える日に登ることができて、よかったなーと思います。

 

下山は「僕はこっちから降りてみたい!」と登りと別ルートを下山。

こうして数年ぶりの再会、他国で子育てしていても、

子育ての視点が近い感覚で、心と身体育てを親子の互いの心地よい辺りを、

大切にしていることが伝わってきます。

共感をもって一緒に過ごせるって幸せなことだと思いました。

 

言葉はひとつのツールではあるけれど、

言葉だけではない感覚的な優しさや思いやりを感じられ、

空間を共有することができる。

自分も相手も受容しあえる気のコミュニケーションができるようで、

あたたかい気持ちがやんわりと心に生まれています♡

 

LINEなど、便利に会話ができるツールもあるけれど、

心にほっこり余韻が生まれる。

この感覚は直接、会って、同じ空間に何気なくいるなかで心と心で触れ合うなかで、

生まれていくもの。

遠くから訪ねてくれてありがとう友達♡

 

さて、いよいよ冬休みが始まりました!

毎年、富士山の雪が気になるのですが、

すでに2000m弱まで、雪が降ってくれていてうれしい!

明日から、低学年ジュニアコース。

私もホリデー快速往復してみます。ワクワク!!!

 

お天気は曇り雨予報。

雪になったらいいなーと♡やんわり思ふ♬


風んこクリスマス会2018

2018.12.17 Monday

 

自然のなかで遊び育とうをテーマに富士北麓の母たちと創った風んこの会。

16年前に発足し、赤松の森をお借りして焚火でごはんを作ったり、母たちの特技や構築してきた世界を、

存分に発揮してもらいながら活動を組んで、それはそれは豊かな遊びの場を開いていました。

いまは1年に1回、クリスマス会が同窓会的な場になっています。

この特別な日に集まる新しい仲間もいて、場と人さえあれば、やりたいことはいつでも創ることは可能です。

 

森では大人VS子どものどろ刑や立木取りで走り回って遊びましたー。

お楽しみな1品持ち寄りランチ!

 

 

クリームチーズと豆乳、アボカトと豆乳クリーム♡

 

 

焼き豚! 山梨のお赤飯♬

 

 

豪華なランチタイム♡

 

 

トッピングが楽しみなケーキ♡

 

 

風んこのクリスマスのプレゼントは1家族が参加する子どもの数のプレゼント用意します。

今回は25個!!手作りカード、クッキー、お菓子セットや手芸品。

母たち夜なべ的な作業なのですが、本当に心のあたたまるギフト。

袋に子どもたちに自由に絵を書いてもらいまーす。森のお絵描きタイム♡

 

 

可愛すぎるっ! 

 

 

 

アートだねー♡

 

 

サンタさんからのプレゼントタイム!

 

 

今年もとっても愉しい場になりました。

いちねん、みーんなおつかれさま♡

来年2019,楽しいいちねんを創っていこうねー♬

 

 

素敵なプレゼントありがとーう♡


東京へミーティングディ♪

2018.12.12 Wednesday

 

12月に入り、2019年度のコースプランニングとこれからのFOS構想で、

いま、会いたい人と対話の会を絶賛開催中♡

この日は岳くん! 北海道の森の子ども村のご縁で、おじじとおばば、滝西の森がつなげてくれた方ですが、

山と自然の魅力にすっかり山岳会の人! それもかなり本格的に赤岳主稜などをバリバリ登っちゃう人になっている。

人生ってどんな変化が自分に起きていくのかって未知なことなんだ! とつくづく、、。

 

 

この生春巻きがサイコーに美味しかったのですが、

トウキョウって、お店の構えにビビるけど、以外にリーズナブルでビックリする。

カマクラや湘南の方が全然物価が高いかもしれない。

 

話は戻ります。

昨年からユース世代に本格的な登山の場を提案しています。

11月は西丹沢の沢ビバーク。2月はアイスクライミングを予定しています。

バディ冒険団の中学生とFOSの中学生と合同合宿。

重い荷物を背負って5時間くらいは歩くことができるというのが条件になりますが、

小さな頃から自然のなかで、身体知を磨いてきた中学生に一歩、

深い自然に入る場を創っていきたいと思っています。

 

 

2月、岳くんの編集部で取材をして頂けることになりました。

いい記事になるように、中学生諸君と準備をしていきたいと思っています。

わくわく♡ 

 


レーズンの雑穀料理の会

2018.12.11 Tuesday

 

沖縄からレーズン! 飛んできましたー♡

今回はひき肉の代わりに、米粒麦!

雑穀の炊き方からはじまりはじまり♬

 

 

雑穀料理って麦やひえ、粟などを使いますが、

野菜はみじん切りが多いよね。今回はタコスなので、ゴボウやニンジン、

キノコ類。話ながら手を動かして野菜の下準備を。

料理って毎日するし、クックパットや動画でレシピはいつでも使えますが、

教室に参加すると、料理教室の先生の料理に対する姿勢を学ぶことができるなーと思います。

レーズンはおおらかだけど、分量や野菜の切り方の指導はわりとキッチリ派。

彼女にとって、いま料理道を歩いているからなのかなーと!

 

 

葉山秋〇さんちの台所と明るく開放的な空間に、

遠くから参加された方も和んで、会話が弾みます♡

出会うことって楽しいなーと改めて。

いつも快く場を提供してくれてありがとう。

 

 

いつものことながら、鮮やかな色どりの雑穀料理!

集う、作る、食べる、話すことってしあわせー♡

レーズンの料理教室、次回は春を予定していまーす。

葉山・小金井や新百合ヶ丘・山梨でも開きたいと思っています。

冬を越え、春の再会を楽しみにしています。


マサの講演

2018.12.05 Wednesday


 

震災から開催してきました富士山プロジェクトの後援・共催者である

昭和医療技術専門学校・山藤賢先生の主催「山藤塾」にてマサの講演会。

マサのこれまでの生き方を語っていくのですが、山藤先生の絶妙な語り口に

聞き手の心や感覚を柔らかく開きながら、あたたかな余韻のある講演会になりました。

 

マサのスライドを交えた講演後、質疑応答。

マサの経験を通して語られる世界観に、質問者自身がふっと心に残る感覚を言葉に興して質問が続き、

そうした質問をみなさんで共有していく過程のなかに、豊かな学びが開かれていきます。

 

マサの素直な語りと、それを受け取っている素直な聞き手とが、場を共有することで生まれる新しい経験。

それは過去の経験を、いまという場に呼び覚まし、新しい経験へと創りあげ、共にマサの経験を深めているようでした。

山藤先生のナビゲーションだからこそ、生まれる場だと思いました。

 

私もマサと駆け抜けてきたヒマラヤ時代を新しい感覚で捉える機会となりました。

娘たちにとっては、山藤先生はスーパーマンみたいな人でもあり、マサの講演とスーパーマンのナビに、

これは参加せねば!と家族参加の講演会でした。小さな頃は当たり前のように聞いていた講演でしたが、

中高生になり、彼女たちも自分の思考でマサの講演を聞く機会になりました。

わたしもこれまでをふりかえる機会となり、山藤塾に参加されている方々のあたたかな感性と

マサと山藤先生の真摯に場の雰囲気に包まれて、しあわせでした。

 

いまに生きていこう。

 


大分へ

2018.11.30 Friday

 

11月の連休は大分へいってきました。

キャンプの装備を運ぶので、後部座席の荷物満載!

山中湖から神戸港へ6時間陸路で移動でフェリーで大分港へ。

トラックに交じってフェリーに駐車! これは私にはムリ―!といつも思ってしまう場面。

けれど、誘導の方のピッピッピ―!の笛の音と的確な指示の迷いのない辺り。

いつもすごいなーと感心してしまいます。

(大丈夫かなー?)なんて思ってたら、誘導失格!厳しく緊張感のある仕事だよなーとつくづく。

そして、このトラックの運転手さんもすごいっ!

フェリーの駐車場はトラックも貨物もなんだか、とても働いているエネルギーに溢れていて、

ワクワクしちゃうんだよー。車の好きな子どもにはたまらない空間ではなかろうか!

 

 

朝の宇目道の駅の橋。

ローラースケートで滑りたいなー!

 

 

はい、これは橋の下です。

ちょっと下見で歩いた時の一枚。どーんと直線の大きな建造物。

(ちいさな人間がこんな大きな建物立てちゃうんだもん。ずこいなー)っていつも感心してしまいます。

なんでもそうなんだけれどー。

 

 

おかえりなさーい!って私にはそんなに興味を示さないラブちゃん。

(なんだ、Hちゃんは帰ってこないんだ。残念、、)みたいな、、。

 

 

さて、久々トダカ商店帰宅。

いつものクマちゃんたち。集合しております。

 

 

あらっ!ブルちゃん、メイン展示から格下げ?

 

 

大吉ガム。10円でワクワクな駄菓子やさんっていいよねー♡

 

 

大好きなハッスルおばさんドーナッツ!ご購入。

戸高商店。いなかの小さなスーパーですが、義兄のユーモアなセンスに溢れていて、

ちょっとクスって笑える品揃えがいいんです。ぜひ大分佐伯市重岡のトダカ商店。

訪ねてみてくださいね!

 

 

さて、ファミリーキャンプin 佐伯おおいた2018.

大好評で終了! みなさま、ありがとうございました。

11月下旬の寒さを大きな焚火で暖をとり、みんなで創るキャンプ。

満月の美しさ、神楽や観音滝への登山、ジビエ料理と佐伯の自然と文化を満喫でした♡

また来年度も開催予定です。自然のダイナミックな世界に触れること。

共に活動する人と楽しさや喜びを分かち合うこと。

ホントに素晴らしい体験になりました♡

佐伯市宇目も都市部からしたら過疎地域になりますが、

豊かな自然があり、人が集うことで豊かな体験と可能性が広がります。

これからも豊かな場を創っていきたいです。

ありがとうございました。

 



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM