まだまだ雪遊び

2012.03.19 Monday

 

山中湖の週末。
雪はだいぶとけてしまいましたが、
お庭は雪の世界。



小雨の中、雪でおままごと。
キッチンを作ったり、雪は自由に造形できるから楽しい。



「おまちどうさまでした」と雪ランチ。
リスが割って食べたクルミの殻、
苔や草の種など、あちこちから見つけてきては、
せっせと遊びに利用して、子どもっていう生きものは実に働きものなんだ!



ともだちも作ってますっ。
ねこなのか、うさぎなのか、微妙ーな愛嬌で見つめられてしまいました。



そりに乗って、どこかへおでかけらしい。
「じゃっいってきまーす」と、
魔法の絨毯に乗って、
ふたりで飛んでいきましたー。

私たちの日常

2012.03.16 Friday

 

子どもたち、短縮授業になりました。
葉山公園に集合!



ローラースケートをしたり、
サッカーしたり、刑ドロしたり、
走る走る、、、、、。いやー走ること好きだよねー。



海とおひさまの夕暮れのひととき。

震災から一年、「生きてる」ってことの意味を問い続けたなーと思います。
けれど、それはずっーと問い続けてきたことで、
(いまこの瞬間をなにより大切にしていけばいい)ってことにやっぱり戻ります。



葉山のビーサン屋さん、げんべいさんちの看板。
いいわーいいわー。
貼り絵だよー。励まされるわー。



ついでに、もう一枚。
「はーい!今日も元気にいきましょーう」
ありがとーう。ステキな看板ですっ。

春を見つけました。

2012.03.13 Tuesday

 

葉山はすっかり春模様。
山を歩いていて、スミレの群生地をみつけたよ。



森戸海岸から江ノ島湾が続いています。
葉山のハイキングコースは整備されていて、
快適な低山ハイキングを楽しむことができます。



本日の放課後、4年生女子会でクッキー作り。
手仕事しながら、子どもたちの日常話。
なかなか興味深いわー。



子どもたちの作るものはどうしてこんなにも愛らしいのだろう!



デコレーションすると一段とかわいい、、、。
作りながら、パクパク食べる、
しあわせなじかん。


雪の山中湖

2012.03.11 Sunday

 

金曜日の夕方、葉山から山中湖へ。
雪の魔法に包まれて、
籠坂峠から深々と雪が降っていました。



土曜日の朝。
「わーい!雪雪!!!」
子どもたちはさっそく雪遊び。
高校合格発表を見て、そのまま東京から高速バスでやってきた姪っ子。
長い緊張感から解放されて、自然じかんに包まれて祝福。
ごくろうさまー。よくがんはりましたー。



さすがパワーのある中学体育会系女子が入ると、
雪だるまも3団ですっ。
小1のHちゃんより身長のたかいクマちゃん。
ニコニコですっ。



40僂蝋澆蠅泙靴拭
除雪が入る前の道路。
そりゲレンデとなっとります。
ジャンプ台を建設中。



「Hちゃん、なにやってるのー?」
「雪で木がつぶれちゃっているから、雪をとってあげているんだよ」
お話の世界の住人になっています。
虫網のふんわりがなんだかいいご様子。
妖精には棒のアイティムはかかせましぇん。



真っ白な雪の世界で遊ぶ。
この贅沢な週末が恋しくて、
やっぱり山中湖に帰ってきちゃうよね。
冬の自然たち、ありがとう。



日曜日はGちゃんのスケート教室。

Gちゃんには不思議な魅力がある。
ティンカーベルみたい。
彼女が滑る後ろにつくと、さっーとキラキラ粉が舞って、
スケートに運ばれていく独特な滑りを味わえる。
上達した気になってくる。
その気になるってキーワードです。


小学1年生から滑っていたおじさんまで、Gちゃん、気持ちよく教えてくれます。
(学びたい)気持ちを、まずしっかり受け止めてくれる。
その人の技量を見て、的確な指導をしてくれる指導者。
「Gちゃんに習いたい!」と心待ちにしている娘の気持ちがよくわかる。
すっと姿勢を正して、Gちゃんについて滑る子どもの姿が美しい。
教えての姿勢が、やっぱり学ぶ人の姿見を表していくのだと思う。

富士山アリーナ継続の活動しているアイスホッケーのWさんとミーティング。
一度、廃止と議会決議したことはなかなか難しいみたい。
けれど、新しい発想で運営への道を見出そうとしている話に心打たれる。
行政が放棄した市民スポーツの場を、いまと未来に立って仕事をしている人たちが集いながら、
考案していく街づくり。
難しいことかもしれないけれど、可能性を信じたいし、協力していきたいと同席してくれた
GちゃんやA先生、同世代の教育者たちが語る言葉がちからになっていけばと思う。

みなさん、ありがとうございました。

Tokyoへ

2012.03.05 Monday

 

久しぶりに都会へ。

電車から高層マンションを眺めて、
「わぁー、高いねー。人が住んでいるんだよねー?
怖くないのかなー?停電したら大変じゃないなかなー」とか、

街で女性裸体の銅像を見かけ、
「からだ柔らかいよねー。すごくない!」とか、

池袋では、ティシュ配っている人の配り方に
「ママ、もらうっていうか、無理矢理、渡されてるよー。」と、衝撃的。

映画を観に池袋に行きましたが、西口と東口を間違えて、移動に時間切れ。
人の多さにまいちんぐ。
すっかりおのぼりさんになってしまいました、、、。とほほー。



父が自治会の世話役をしていることもあり、地元の消防フェスティバルに参加。
なんと、はしご車に乗せてもらいました。
10m、20m、とぐんぐん伸びて、気持ちよーく、街を展望しました。

地震体験車は震度7。
「ゆれる~!!!」と机にしがみつき、
「お母さん、ガスを止めてください」と消防の方に教えられ体験学習を体験。

煙体験や消火器体験など、色々体験ができるようになっていました。
消防隊員の機敏な動きと姿勢の正しさがなにより心にのこりました。



日曜日は小平チャリティーコンサートへ。

声楽の歌手・下村雅人氏の呼びかけで集まった音楽家たちによる
チャリティーの音楽会。

バイオリン・ピアノや声楽とアーティストひとりひとりの方が奏でる響き、
こころが踊り、高鳴り、うたっていました。

音楽と共に生きてきた人の凛とした世界観。
そこから、
市民の場へ、
自分たちの在処から、自分たちの表現で、
全身全霊で真実をうたっていた。

チャリティーコンサート。
深いです。





FOSの集いにて

2012.02.27 Monday

 

今冬は寒くマイナス20度以下の日もあったのに、今朝は雨になりました。



山中湖畔で見つけたよ。
氷のクリスタルタワー。
モンテラックに持ってきました。
妖精たちが遊びにくるかもよー。



富士山は小雪が舞っています。
この森の中にベースをつくりました。



雪んこちゃんたち、
苔や木々に舞い降りて、おしゃれにデコレーション。
自然はあちこちで芸術的な作品を創ってる。


なんか見つけたらしい。
「キャキャキー」と、
子どもの笑い声、やまびこになって響いてる。



うさぎの後足跡。
ジャンプして進んでいくので、後足が並ぶんだよ。
ぴよーん!



(妖精の棲家みたいだなー)と写真を撮ったら、
なんとーこびと図鑑のこびとが映っていましたー。
びっくりー!



古株のちいさな椅子見つけたー。



2月は富士山に通いました。
山の状況も天候も、同じことはけしてない。
いまという瞬間に、すべての存在が満ちている。

さぁ、下山。
「富士山、今日もありがとーう」

わたしのじかん

2012.02.23 Thursday

 

学校から帰宅。
図書館から借りてきた本、じっーーーと眺めてる。
子どもたち、ミッケや探し絵本。
好きだよね~。



と、Hちゃんは最近お気に入りのペンギンちゃん、
巻かれていますっ。
じゃなくて、富士山に登る準備だと言っています、、。



どうやら、頂上に到着したらしい。
ビミョーなバランスだわよ~。
ドキドキですっ。
子どもは生活の中で、大人が捉えている世界より、
ずっーと繊細な感覚で、遊びを考えて、楽しんでいるなーと思います。



大好きないちご。
やっぱりペンギンたちも一緒。

しあわせなじかん、
ありがとう~。

見つけたよ。

2012.02.20 Monday

 

週末は富士山へ。
子どもたちが森でそりをしているすぐ近く、
小鳥たちのレストラン発見!



鹿の足跡。
さっき、森で小鹿を見たよ。



富士山に登っていきました。
噴火の石ころは軽石みたい。
氷の上に舞い落ちた雪の結晶。
触れてしまうと、溶けちゃう。
そっーと、じっーと眺めていよう。



遠くにともだち見つけたー。
ママ友の夫で、子どもの同級生のパパ。
いまではすっかり私たちの大切なともだち。
父単独参加で、時々FOSを手伝ってくれるKちゃん。
その人の肩書なしに遊び合えるともだちができるってステキなこと。
私の人生の目標は少なくってもいいから、こころを分かち合えるともだちを
何歳になっても作っていたいなー。出会っていきたいなー。



森に帰ってきたよ。
下山後、「帰るよー」の声がかかるまで、遊んでいる子どもたち。
大人も子どもも遊びの世界ではフェアな立場でよろこびを分かち合える。
明日は職場のパパも、明日は学校の子どもたちも、みんなやまのこども。

キャンドルナイト・山中湖

2012.02.18 Saturday

 

山中湖きらら、
富士山の頂上に太陽が沈む季節。
どーん!!!と花火が打ち上がり、村のイベントが始まりました。



ペットボトルを凍らせて作った氷のキャンドル。
あたたかい炎で輝いています。

民宿のママたちのトン汁と焼き芋、
おいしくって、気持ちもあたたまりましたー。



今日のお客さん、Mティン。
子どもたちもうれしくって、肩にとまったり、担がれたりして、遊んでもらいました。
こうして、里帰りみたいにやってくるともだち、私たちの宝です。
明日は一緒に富士山だ!
海からバティ冒険団・湘南キッズもやってくる。
たのしみ、たのしみ。

きょうもいちにち、ありがとう。
すてきな日になりました。

ともだちじまん

2012.02.15 Wednesday

 

「このスプーンね、Yくんが工房の大きな機械を動かして作るんだよ。
その機械が大きくてさ、私はこわいなーって思ったんだけれど、Yくんはすごいんだ、、、。」
と話はつづく、、、、。
Yくんに教えてもらいながら、スプーンを創ってきた。
わたしの頭の中に、Yくんの真剣な作業の様子と、
その隣で、じっと子どもの心の在り方や、姿勢や手の位置などに配慮している
大人の存在が浮かんでくる。

ひとつのスプーンを創るじかんのなかに、
彼女の発見と学びがあって、
使うよろこびが日々紡がれていく。

娘のうれしそうなともだちじまん、
(ステキだな~)と、こころやんわり。




昨日はバレンタイン。
子どもたちは女の子同士、お菓子交換の日でもあるらしい。
チョコスプレーや銀の玉を使って、ひとり、たのしそうに作ってる。

子どもが自ら創りだしていくじかん
暮らしのなかでゆっくりと育んでいこう。




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM