海のじかん

2012.05.24 Thursday

 

水色の空と海。
海の水温もあがってきて、
いま、海はいいよ~!



海に浮かぶ富士山。
まだ雪帽子、富士北麓の友達たちは、きっとまだ長袖だろーなー。



透明度バツグン!
かに・ヤドカリ・小魚ちゃんたち、気持ち良さそーに泳いでいるところをじっーと観察。
海のじかんにじっーと意識を合わせていくと、あら~ちいさな生き物たちの微細な動きが
見えてくるから不思議。

週末は早起きして、子どもたちと磯へいこう!


かざはやまつり2012

2012.05.23 Wednesday

 

お知らせしまーす!
糸電話でもしもし、、、、。



今週末、5月27日日曜日 風早橋商店街のお祭りに、マサが歌いまーす!
私の妹がフラダンス、近所の子どもたちのダンススクール、フォーク愛好家など
のど自慢や演芸大会って雰囲気で、愉しいよー。
フランス料理屋さんの屋台・もちらん寿司の福ふく、おいしいごはんにビールだ!
子どもたちには、子供会が縁日するらしい、、、。

10時から葉山堀内防災広場。(逗子駅からバスで山回り、風早橋下車徒歩5分)
海まで5分、海遊びもかねて、遊びにきてねー!

江ノ島シーカヤック

2012.05.21 Monday



湘南バディ冒険団のベース、湘南海岸公園駅集合。
みなさん、東京から江ノ電に乗ってきました。



パドルワークの後、カヌーに乗船。
初めはなんだか危なっかしい感じよねー。

 

各カヌーのバランスを調整するために、漕ぎ手の組み合わせを変えます。
カヌーを寄せて、安定させてから、そっーと乗り移ります。
みなさんキンチョ〜。完了後、カンドゥ~!



スタッフのバイキンマンさん、子どもたちに大人気!
海とカヌーを愉しんできた大人たちの存在は、子どもに人生を教えてくれますっ。



おっ、アウトリガー6人乗り。
気合が違うわっー。



後部の大人、漕ぐのサボっとりますっ。
先頭の子どものみなぎるちから、発揮されている雰囲気、、、。
ガンバレ―!!!ちびっこパワーアップよー。



江ノ島上陸で、磯遊び開始!
網って持っているだけで、モチベーションあがんだよねー。不思議、、、。
かにを見つけたみたい。



タイドプール飛び込み大会開始!



「すごーい!!回転技、入りましたー! 高得点〇〇〇!」



カヌー解散後は鵠沼海岸へお弁当持って、海水浴。

海から上がって、「寒ーい!!!」と子どもたち。
乾いたタオルで拭いたり、砂をかけたり、色々試みながら、からだの感覚が戻ってくるのを待つ。

生きるちからは、本日もからだごと学んでいます。

次回のバディ冒険団のナビカヌーは秋の予定ですが、
夏はサーフィン!企画しまーす。

海・おはよーう!

2012.05.19 Saturday



おはようございまーす。
本日の朝8時・森戸海岸。 
遠く霞富士が望めます。



「海へ行こうよー!」朝6時半からスタンバイ。
磯遊びへLet`go!
「ひとでくん、おはよー」



朝の海は磯遊びにサイコ〜。
透明度もいいし、安心して海を歩いて、
「行ってみよう!」の気分を達成できちゃう満足感味わえますっ。



海藻たちは海の森。
かに・やどかり・えび・小魚たちのワンダーランド。



マサ、海と一体化!?
魚釣りのおじさんが、「まさか!」とドキッとするほど、背泳ぎ状態で浮かんでる。
葉山には、マサみたいなお父さんが結構いて、Hちゃんの同級生のパパも、
12月まで海パン一丁で泳いでましたー。昨日のヨットのおじさんもトランクスだったしなー。
ケッコウ、お父さんたちはレディ―・ガガ。

みなさん、ゴキゲンな週末を!
明日は江ノ島シーカヤック。

海の季節!

2012.05.18 Friday



初夏を感じさせる太陽の輝き!
(はじまったぞっー。 海の季節、、)
ひとあし早いんだけれど、トダカ家、海水浴スタートしましたー。



「ママー海いくよー!!」ランドセルを玄関に置いて、即、水着とゴーグルで準備OK!
自転車を漕ぎながら、鼻歌らららっー。



キラキラの太陽と海。
いちにちのお別れに、魔法みたいに輝いて歌っている。
からだは自然に踊るよう。光と遊び、全身で今日のこの瞬間に歓喜する。

で、7時半にはもう眠くなってしまって、勉強どころじゃありましぇーん!
まぁっ、仕方ないかっ。

海ってサイコ〜!
遊びにおいでよー!

子どもたちのじかん

2012.05.17 Thursday

 

(残雪の富士山ブログの続き、、、)

学生たちは富士山にでかけていきました。
午後から、お友達がお泊りにきました。



お散歩しながら、おやつを持って、ご近所にきているTちゃんに会いにきました。
子どもたちのスキーのコーチでもあるTちゃん。
野立てが趣味でいらっしゃる。子どもたちにお抹茶を一服。
ひとりづつ、じゅんばん順番。



おじゃましたお宅には、多摩川の上流部で採った貝の化石、水素ロケット、、、。
子どもたち興味深々。理科の先生の研究室って雰囲気。



散歩から帰宅して、子どものじかんはエンドレス。
「音楽会をはじめます。」
「子どもフェスティバル会場はこちらです」次から次へと遊びが展開されていきます。
穏やかな夜、最後は絵本のじかんになりました。



日曜日の午後、お友達が帰って、しーんとしたおうち。

さて、学生たちが富士山から下山してきます。
迎える準備開始。
おかえりなさいケーキ!作りましたー。
こんぺいとうは星? 雪の結晶?



日曜日・朝の富士山。
子どもたちが散歩で撮ってきた写真。
みんな3000mくらいにいるのかなー?
やっほー!サイコーの富士山!

天候に恵まれた残雪の富士登山。
今春ピカイチの登山日和。

子どものじかんも満たされて、
ステキな週末になりました。

みなさん、ありがとうございました。

残雪の富士山コース

2012.05.12 Saturday



土曜日から残雪の富士山。
埼玉県立大の学生たちがやってきます。



アイゼンの歯をいっぽんいっぽん、丁寧に研ぎます。
大変な作業ですが、山登りはひとつひとつの準備を確認しながら、
進めていくことが大切。安全につながります。



みなさん看護婦さんや養護教員を目指している学生さん。
あえて、残雪の富士山を履修するあたり、頑張り屋さんです!



朝ごはんは新鮮サラダ。
山へ登るエネルギー。たっぷり蓄えていきましょう。



富士山へ出発後、「学生が帰ってきたら、あげるんだー」とおかえりシール作成中。
準備の過程に、お姉ちゃんたちに遊んでもらった楽しさや嬉しさを
子どもたちなりの表現で、おかえしするってことだよね。
学生たちの帰宅が、楽しみだなー。



みなさん、ただいま富士山五合目にいます。
山と雪と光と見事な調和。
なんて美しいんだろう。

今夜は星空の中を歩き続けることだろう。
私はおうちだけど、一緒に心地よい夜をすごそう。
明日の帰り、楽しみにまってるね。


ちょっと海へ

2012.05.10 Thursday

 

自転車で郵便局へ。
(いい天気~。海を見てから帰るかなー)



大学ヨット部の春シーズン。
今日は気持ちいい風が吹いています。



潮が引いている砂浜。
海からの流れもので、ちょいっと、アート制作。
「わっーかわいい!」っと、おさんぽ中の母子が声をあげてニッコリ。
「今日は気持ちいいねー」「ホントですよねー」と、世間話、、、。

葉山のいいところ。

海や空や風や太陽の様子を、名も知れぬ方々と、
フツーに立ち話してしまう辺り、、、。

で、相手の様子で、そろそろ、、という時に、
「ごきげんよう」とか「では失礼します」「さようなら」ってニッコリご挨拶。

一期一会の会話。
風たちが爽やかに吹いて、海へとニッコリが渡っていきました。

ただいま

2012.05.07 Monday

 

満月に照らされて、
山中湖から葉山に帰ってきましたー。

ただいま。

ただ、いま、にほんごってすごいいなー。



昨日、山中湖では雷とみぞれが突然降ってきた。
マサと子どもたちは、「わぁー痛いかなー」と飛び出していってましたっ。

月見のドライブ中に、ふっと、
(おつきさまのこどもが降ったのかもしれないなー)

今夜もありがとう。
明日から、葉山Lifu。
あーともだちに会いたいよーん!

南会津へ

2012.05.05 Saturday

 

福島・南会津、残雪の山々を望む。
(もうひとつのふるさと) あたたかく迎えてくれる人と自然、伊南地区。



「うえんでの桜祭り」小塩の公民館では郷土料理がふるまわれ、
地元のおかあさんたちの井戸端会議に参加。
主催している友達の一生懸命働いている姿がいいっ!



本日は清水屋旅館泊。
そば粉のもちもち、エゴマの香ばしさがおいし~い。
地元の友人家族との夕食会、日本酒・花泉が美味い!話はぐーんと盛り上がりました。



観光名所の屏風岩。
雪解けと豪雨後の大迫力!



今回の福島訪問は、夏・開催予定の「福島子ども保養プログラム」の下見。
福島市・飯館・郡山地区など、高い汚染地域の(毎時1マイクロシーベルトを超える)
子どもは外遊びができず、運動不足や子どもの成人病などが懸念されています。

同じ福島県内で、汚染を免れた南会津地域で、子どもの保養ができる継続的システムを作る。
主催は福島県生活協同組合連合、福島大学、南会津町、ユネスコ、後援にコールマンジャパン。
主管でFOS・伊南の頼もしい地元住民の方々が中心になり、
自然をフィールドに、子どもが自らの健康を取り戻していく機会を提案することになりました。

宿泊は快適な温泉施設とキャンプ場。
キャンプ場の放射線量を測ってみると、0,08マイクロシーベルト。
前日に葉山で測った数値と同じ値です。

外遊びのできない子どもたちにも、
安心して、遊ぶことのできる場が県内にある。

そこに暮らしている人が、
「子めらにできること、俺たちですっぺ!」

伊南の自然と人に教えてもらったてきたこと。やっぱりテーマは変わらず、
(伊南は、いいところだぞっ。共に生きていこうぜ!)なんだなーと。

8月20日に向けて、はじまりました。
どうぞ、よろしくおねがいします。



下見の帰り道、会津町役場の友人が、道端に停車。
「天然の水芭蕉です」
名もない土地に、ひっそりと咲いている春のお姫さま。

ありがとうございました。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM